インドネシア、12の地域にまたがる国、コロナウイルスによるサプライチェーンのオープン化に同意

インドネシア、シンガポール、カナダを含む13か国にまたがる地域外ネットワークの外交官たちは、コロナウイルスが世界の貿易と経済に与える影響を緩和するために、交通網とサプライチェーンを開いたままにするという主要な原則に同意しています。

カナダが推進する、コロナウイルスに関する国際調整グループ(ICGC)と呼ばれる非公式ネットワークは、主にG20諸国の半分(ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、韓国、トルコ、イギリス)で構成され、モロッコ、ペルー、シンガポールの追加。最近、「自由貿易の促進と保護」への共通の取り組みと、コロナウイルスに取り組むために選択されたその他の対策を模索するために設立されました。

新たな宣言は、最近の高官会議で審議された後、金曜日の夜の電話会議でICGCの外相によって行われた。

今後、インドネシアのレトノLPマルスディ外相は、将来の協力は世界中の一般の人々に具体的な利益をもたらす「行動志向」でなければならない、と述べた。

宣言は、法的拘束力のない政治宣言としての性質にもかかわらず、コロナウイルスパンデミックへの対処における国際的な規範と行動の強化とその社会的経済的影響の管理を目的としています。貿易と投資のオープンフローを維持し、立ち往生した旅行者の本国送還を促進し、パンデミック後の世界経済を回復するための取り組みを模索するためのコミットメントを概説し、具体的な協力行動のいくつかの分野を特定しました。

「我々は自由貿易を促進し、保護し続けるであろう」と大臣達は宣言で言った、と土曜日のプレス声明から引用された。 「[…]そして、コロナウイルスに対処するために設計された緊急措置は、必要と見なされた場合、対象を定め、均衡を保ち、透明性があり、一時的でなければならず、貿易やグローバルサプライチェーンの混乱に不必要な障壁を作らないことに同意します。 WTO [世界貿易機関]の規則に準拠しています。」

シンガポールのビビアンバラクリシュナン外相はFacebookで土曜日にICGCの大臣がグローバルな接続を維持することの重要性を繰り返したと述べました。

WTOは水曜日にコロナウイルスのパンデミックにより世界貿易が今年の3分の1に急落する可能性があることを警告し、「私たちの人生の」最も深刻な景気後退が近づいていると警告しました。

WTOによると、北アメリカとアジアが最も大きな打撃を受け、輸出がそれぞれ40%と36%急減する一方、ヨーロッパと南アメリカは30%以上の減少となる可能性があるという。

WTOのロベルト・アゼベド首相は、各国は国際協力を通じてより速くより強い反発を確実にすることができると述べた。 「保護主義への転換は我々が現在耐えているものに加えて新しいショックをもたらすだろう」とAFPによって報告されたアゼベドは言った。

「国際貿易と投資に開放された市場を維持することは、経済がより迅速に回復するのに役立つだろう」と彼は述べ、「各国が単独で行くよりもはるかに速い回復が見られるだろう」と述べた。

宣言に続いて、ICGCは他の国々にも同様の措置を講じることを強く主張し、韓国はコロナウイルス危機から脱出するためのベストプラクティスについての会話を主導しました。

「コロナウイルスのパンデミックは世界的な課題です。カナダのフランソワフィリップシャンパーニュ外相は声明で、国際パートナーとの強力な調整を維持することは、現在直面している課題の影響を緩和するために重要です。 「これらの問題に対処し、強力な回復への移行を確実にするためには、人、物、サービスを動かし続けることが重要です。」

宣言はまた、研究と科学的リソースをプールし続け、すべての国のためのコロナウイルスワクチンと強化された検査キットに向けて取り組む努力を続けると宣言は述べた。

多くの国と科学者がコロナウイルスワクチンと治療法を開発するために時間をかけて競争しているので、Retnoは国際協力が「効果的で手頃な価格のコロナウイルスワクチンの利用を促進し、発展途上国にアクセス可能でなければならない」と述べました。

当初の公開19th April 2020 @ 1:37 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: