インドネシア、5月下旬までにコロナウイルス検査キット、人工呼吸器を生産

batamax.com mask

batamax.com mask

ジャカルタ(ANTARA)-インドネシアは、2020年5月下旬までにCOVID-19テストキットとベンチレーターを生産する予定であると、研究開発大臣/バンバンブロジョネゴロ国立研究開発局長が述べた。

「ラピッドテストキットやPCRを含むテストキットの製造には有望な開発が行われています。ラピッドテストキットは現在、検証テストと保健省への登録を行っています」と彼は月曜日に述べた。

「我々は5万から10万の合成ペプチドベースの迅速検査キットを生産することを目標としました。迅速検査キットの生産能力は1ヶ月あたり最大10万ユニットに達するかもしれません」と彼は述べた。

国はさらに3種類の迅速検査キットを開発中です。それらを生産するのに1〜2ヶ月かかると彼は述べた。

人工呼吸器を製造する計画に関連して、彼は保健省の保健施設保安委員会が現在臨床試験を受けている人工呼吸器の4つのプロトタイプをテストしたと述べました。

「ITB(バンドン工科大学)からの4つのうちの1つは臨床試験を受けており、すぐに生産段階に入ると予想されています」と彼は述べた。

Brodjonegoroは、国内生産者がCOVID-19テストキットを製造する準備ができていることを強調しました。

COVID-19処理の加速のためのタスクフォースは日曜日の時点で、全国で14,032件の確認されたCOVID-19の症例を記録しており、2,698人が回復し、973人が死亡した。

COVID-19タスクフォースの政府スポークスマンAchmad Yuriantoは、コロナウイルス陽性の無症候性人(OTG)検査の増加傾向について警告しています。

「当初、私たちは、摂氏38度を超える高い体温、咳、息切れの症状を伴う、人々による古典的な広がりを定義しました。しかし、その開発の過程で、これらはCOVID-19の特定の症状にはなりませんでした感染、「ユリアントは日曜日にここでCOVID-19処理の加速のためのタスクフォースの記者会見で述べた。

スポークスマンは、政府はPCRテスト中にCOVID-19の検査で陽性となった人がより多く見られたが、軽度の症状しか示さなかったか、または病気の症状を示さなかったと述べた。

OTGは発熱や咳などの症状を示さず、健康に見えました。マスクを着用せずに混雑した場所を訪れると、脆弱なグループの人々を含む数人にウイルスを感染させる可能性があります。

 

「これはインドネシアにおけるCOVID-19の症例数の増加の一因となっている」と彼は述べた。

Leave a Reply

%d bloggers like this: