インドネシアからの何十人もの移民労働者が違法な経路でマレーシアから帰国した

マレーシアから帰国した数十人のインドネシア人移民労働者が、違法な経路を経由して国境当局を忍び込もうとして逮捕されました。

インドネシア海軍は月曜日、北スマトラのアサハン県のタンジュントンプルで、マレーシアからの文書化されていないインドネシア人移民労働者22人を運ぶ漁船を発見し、確保しました。

ベラワンI海軍基地の司令官であるAbdul Rasyid氏は、当局はマレーシアとの国境を注意深く監視していると語った。

同氏はまた、海軍は海を巡回し続けるとともに、移民が違法な出入り口として使用していることが判明した多くの航路についても語った。

「マレーシアから帰国した移民労働者を拘束したのは、今回が初めてのことです。コロナウイルスのパンデミックの中で、それは私たちにとって大きな懸念になっています」とAbdulは月曜日に言った。

ベラワン1海軍基地の広報担当第2中部大佐パティジュルジャナ氏は、当局はすべて男性の漁船の乗客に対して医療検査を実施し、公衆衛生上のリスクがあるかどうかを判断したと語った。

「すべての移民労働者は現在コロナウイルスの蔓延を抑制するために病院に隔離されています」とPatinurjanaは言いました。

北スマトラの東海岸に沿って位置するバトゥバラ県もまた、不法ルートを経由してマレーシアから帰国した移民労働者の流入が見られ、94人が最近この地域に侵入した。

「17人の移民労働者がなんとか逃げ出したが、77人が病院で直ちに検疫下に置かれ、コロナウイルスの蔓延を食い止めた」とバツバラリージェントザヒールは月曜日に述べた。

彼は、移民労働者はリアウ、ジャンビ、東ジャワ、中部ジャワを含む国中の様々な州から生まれたと述べました。

北スマトラ州政府は以前、コロナウイルス検査の後に検疫された後、マレーシアからの513人のインドネシア移民労働者を本国に送還した。彼らの多くは、ビザを取り残したためにマレーシアで警察の記録を持っていた。

最近送還されたすべての移民労働者は、州のデリセルダン県のカディカルブクパカム公園内の特別施設、または州都メダンのスウォンド空軍基地で14日間隔離されていました。

北スマトラ州では、火曜日の午後の時点でコロナウイルスが84例確認されており、少なくとも9人が死亡しました。

当局はまた、以前に、マレーシアからリアウ諸島を含む他の州で違法なルートを経由して戻ってきたインドネシアの移民労働者を捕まえた。

先週、海上保安庁(バカムラ)は、4月15日に、リアウ諸島のバタム島のノンサ海域で違法なルートを経由してマレーシアから帰還した47人の移民労働者を逮捕しました。

当局がスクリーニングしたところ、コロナウイルスの症状を示した者はいなかったとバカムラの副大統領補佐官、アーン・クルニア氏は述べた。

インドネシアの移民労働者は、マレーシアが4月28日まで技術的に封鎖された「移動制御命令」まで延長された後、帰国し始めました。コロナウイルスは5,400人以上に感染し、少なくとも89人が死亡しました。

今月初めから、リアウ州やアチェ州など他の州でも、マレーシアからのインドネシア人移民労働者の流入が見られます。

リアウ政権のコミュニケーションおよび情報機関の責任者であるCiulul Riskiは、隣国からの4,444人の移民労働者が州を経由して帰国したと述べた。

「この数字は、3月の第4週から4月1日までの到着を説明している」とアンタラが引用した4月2日の議長。

彼はさらに、移民労働者は主にメランティ諸島摂政のタンジュンハラパンポート、ドゥマイ市のスリジュンジュンガンポート、ベンカリス摂政のスリラクサマナポートを通って州に入ったと言いました。

一方、東アチェ警察は先週マレーシアから約500人の移民労働者が州に戻った後、監視を強化した。

東アチェ警察署長。シニアComr。 Eko Widiantoroは、帰還者は孤立して配置されており、14日間の検疫ルールに従う必要があると述べました。

彼はまた、東アチェの当局は、北スマトラや首都ジャカルタなどのコロナウイルス感染のホットスポットと見なされた他の地域からの家事労働者の到着を追跡していると述べた。

「私たちは、私たちの地域における彼らの位置を追跡するために、データを収集し続けます。この緊急医療プロトコルは、[関連する利害関係者と]協調して行われ、緩和の取り組みを最大化する必要があります。

政府の公式計算によると、火曜日の午後の時点で、コロナウイルスに感染した人の数は、7,135人に達し、616人が死亡した。この図の中で、リアウは4人の死亡者が確認された確定症例を少なくとも35件記録し、アチェはコロナウイルスの確定症例が7件、この病気に関連した死亡が1件ありました。

当初の公開22nd April 2020 @ 4:29 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: