インドネシアがフードバンク不動産を開発「シンガポールの10倍の大きさ」

サテマドゥラまたはサテパダン,どれが美味しい?

サテマドゥラまたはサテパダン,どれが美味しい?

インドネシアは、輸入食品への依存に対抗するために、群島全体(隣接するシンガポールの10倍の面積)に広大な農地を開発している、とジョコ・ウィドド大統領は水曜日に述べた。

 

このプロジェクトは、最終的には約80万ヘクタール(200万エーカー)に及ぶものであり、世界で4番目に人口の多い国のために米、キャッサバ、トウモロコシを栽培するための土地を準備しているとWidodoはテレビの内閣会議で語った。

 

この発表は、そのようなプロジェクトが主に泥炭地地域を利用し、過去20年間、この地域の多くを窒息させてきた季節的なもやのせいにされた森林火災を助長することを警告した環境団体を怒らせるでしょう。

 

Widodo氏は、このプロジェクトは「Covid-19パンデミックによる世界の食糧危機を予測し、気候変動を予測し、輸入食品への依存を抑制する」と述べた。

 

初期段階は、ボルネオ島のインドネシア部分にある北スマトラと中部カリマンタンですでに始まっています。

 

最終的には、世界最大の群島のさらに3つの地域、南スマトラ、パプア、東ヌサトゥンガラに拡大される可能性があります。

 

ただし、このプロジェクトには批評家がいます。

 

source: dailymail

 

今月初め、グリーンピースインドネシアは、炭素が豊富な泥炭地を巨大な農地に変えることは環境災害を引き起こす可能性があると警告した。

 

「2015年以来、25万ヘクタール以上の泥炭地の森林が中部カリマンタンで燃えました」とそれは言いました。

 

「科学界は気候変動を食い止めるためにすべての泥炭地を保護するよう私たちに促しているが、政府は代わりにこの土地を別の炭素爆弾に変えるように見える計画を支持している。」

Leave a Reply

%d bloggers like this: