インドネシアで先祖代々提供する花、お香、エキゾチックオイルの販売が増加しています

インドネシアは、数週間以内に総選挙を行う民主主義の国です。 シンガポールと同じように、中国のコロナウイルスCOVID19のパンデミックにもかかわらず、インドネシア政府は次期選挙に必要な措置を準備しています。

北スマトラのラブハンバトゥリージェンシーのランタウプラパット市にあるゲルグルマーケットコンプレックスのトレーダーの売上高は、コロナウイルスCovid-19パンデミックにより減少しました。

しかし、数週間後に行われるラブハンバトゥ市の地方長官と副摂政の総選挙により、さまざまな種類の花や香辛料の売上が増加しています。

北スマトラのラブハンバトゥリージェンシー、ランタウプラパット市にある静かなゲルグルマーケット複合施設は、コロナウイルスCovid-19パンデミックの影響を受けています。

インドネシアでは通常、総選挙の数か月前から、さまざまな種類の花や香辛料の1日あたりの売り上げが急増しています。

月曜日(5/10)にGatra.comが会ったとき、マーケットコンプレックスで花とスパイスの売り手である叔父のアブドゥルアジスランバントビング(55)は、カフィアライムとエキゾチックな花の売り上げが3倍に急増したことを認めています。

カフィアライムは東南アジアの柑橘類で、タイ、フィリピン、インドネシアの精神的な供物や料理で使用されている緑色の果物と芳香の葉があります。

通常、彼は通常の月に300個のライムを販売していましたが、今では毎週300個を販売できます。彼は価格を上げないことを認めている。

彼はまた、通常、3か月で1キログラムのフランキンセンスを販売しましたが、今では1か月以内に販売できると述べています。 200個の花の花束が2日以内に売れたことを嬉しく思います。

北スマトラは、トバ湖と、豚肉、才能のある歌手、甘酒を飲むことで知られるバタク族で知られています。

同様に、マーメイドオイルナンバー1は、通常の日では1箱の最大販売がほぼ1か月であるにもかかわらず、1箱(10本入り)で半月販売できるようになりました。

「タイガーオレンジやタイガーフーブは通常、売るのが難しく、乾いても売れません。しかし、今では週に20個、スムーズに動いています」と ルンバントビング氏は述べています。

カナンガオドラタの花は、香水や香りのよいオイルイランイランの供給源として重要です。

ルンバントビング氏は、総選挙の前に毎回、人々がそれらのエキゾチックなスパイスと花を使って精神世界からの祝福や超自然的な力を求めているため、彼の売り上げは常に急上昇していると言いました。

しかし、売上高の増加は、白いバラ、赤いバラ、マグノリアの花、カナンガの花、モンキータイガーの花、オレンジの花、バニヤンオイル、クリソライトオイル、ムスクオイルなどの他のエキゾチックな花や香りのオイルには適用されませんでした。

インドネシア人は、ガジュマルの木を彼らに超自然的な力を与えるかもしれない霊の家と考えています。 仏陀はまた、インドで弟子を教えている間、ガジュマルの木の下に座っていることでも知られています。

イスラム教徒の過半数にもかかわらず、多くのインドネシア人は、花、石灰、香辛料、燃える線香を捧げ、霊界に祈ることによって祝福を求めるというアニミズムの儀式を今でも実践しています。


ソース:Gatra.com

Leave a Reply

%d bloggers like this: