インドネシアにコロナウイルスの流行の記録がないのはなぜですか?

ハーバード大学の研究者グループによる研究は、インドネシアが今までに新規コロナウイルスの症例を確認したはずであることを示唆しています。 彼らの議論は、中国と中国の大流行の震源地である武漢との間を旅行する航空会社の乗客が多いためです。

ハーバード大学公衆衛生学部の研究者が実施した研究は、インドネシアのゼロ確定症例は「旅行管理措置が実施される前に予想される接続を考慮すると、これらの場所での未検出症例の可能性を示唆するかもしれない」ことを明らかにした。

観光客の数に関する彼らの研究は、武漢から国際的な目的地までの推定航空旅行量に基づいています。 また、一般化された線形回帰モデルを作成して、インドネシアの空港や出入国チェックポイントを含む26の場所での新規コロナウイルス症例の輸入を予測しています。

乗客の1日あたりの平均人数は約100人であり、このモデルは、インドネシアが新規コロナウイルスによる1〜10の感染を確認したはずであることを示しました。

質問は、インドネシアの湿度の高い熱帯気候が何らかの形でそれを保護するかどうか、インドネシア人の免疫システムが要因となるかどうか、インドネシアがインフルエンザのような症状を引き起こすウイルスを検出する能力さえあるかどうかに及びます。

懸念の多くは、新しいウイルスである2019-nCoVの検出において、疑いのあるケースでテストを実行することを許可されている唯一の保健省の研究所の能力に向けられています。

同省はこれらの懸念を繰り返し払拭してきました。 伝染病の予防と管理の責任者であるウィエンドラ・ワウォルンツ氏は木曜日、1月に米国疾病対策予防センター(CDC)から検査用の2,000のプライマーを受け取ったと述べた。

インドネシア省の研究室は金曜日の時点で50の標本をテストしました。 残りのテストがまだ結果を待っている間、それらの49は否定的にテストしました。

ウィンドラ氏は、インドネシアが2002-2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の発生を含む発生との以前の遭遇から学んだと述べた。 17か国で774人が死亡したSARS流行の間、インドネシアはWHOのデータによると2つの可能性のある症例のみを記録した。

2011年に香港大学によって実施された2003年のSARSの発生に関する以前の研究では、インドネシアの高温および高相対湿度が、同様のインフルエンザおよび呼吸器疾患を有するウイルスが発生しなかった理由である可能性があることも確認しました と流行。 ケースはシンガポールと香港で異なっていた可能性があり、そこでは空調がよく行われた環境で伝播が発生したため、エアコンが集中的に使用されました。

コロナウイルスの新しい株についてはまだ多くのことを学ぶ必要がありますが、以前のコロナウイルス株を研究していたガジャマダジョグジャカルタ大学の獣医教授であるワシト氏は、この新しいウイルスは長続きしない可能性があると主張しますインドネシアでは、熱、湿気、太陽に常にさらされているため、長くなります。

さらに、科学的証拠を必要としている冬の季節に、人々の免疫システムを弱め、伝染病の拡散を早める可能性もあると彼は述べた。中国は現在、冬季であり、通常は3月まで続きます。

私たちの意見では、ジョグジャカルタのガジャマダ大学のワルシト教授の議論はおそらく真実です。バタマックスのチームはシンガポールでビジネスミーティングを行うことが多く、シンガポールのほぼすべての公共施設は快適であると同時にインフルエンザの伝染を迅速化する集中空調を使用しています。

シンガポール人は、コロナウイルスの地元の患者を抱えている上位3か国の1つでもあります。シンガポールは、コロナウイルス感染の3つの新しい症例が確認された後、発生アラートレベルを2番目に高いレベルに引き上げました。シンガポール政府の警告は現在、Dorscon Orangeにあります。これは、最高の赤の警告より1レベル下です。このレベルは、2003年のシンガポールでのSARSの流行と同様と考えられています。シンガポール政府はまた、2020年2月9日日曜日の時点でコロナウイルス感染の確定患者43人を確認しています。

インドネシア政府は、シンガポール政府が公共の場で行ったほどの集中空調システムを構築するための資金や予算を持っていなかったため、非常に幸運です。 しかし、インドネシアの雨季が来ると、同様のインフルエンザ病も大きな脅威になります。


参照:ガジャマダ大学ニュースサイト

当初の公開11th February 2020 @ 4:44 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: