インドネシアのイスラム教の宗教指導者は、彼らの会衆によって刺されました

リアウ州ペカンバル市のジャランスマトラにあるアルファラモスクのイマームは、刺殺の被害者となりました。犯人はペカンバル市警察本部に確保されている。この事件は、加害者が被害者からの助言を嫌がったためとされています。

リアウ警察長官のポル・スナルトは金曜日(24/7)、「加害者は市警察に確保されています。まだ調査中です。加害者と被害者の間はお互いを知っています」と述べました。
刺しの行動は木曜日の夜(7/27)に行われました。

突然、青いシャツを着た男が説教壇から現れました。 CCTVやソーシャルメディアのバイラルカメラで撮影された突き刺し行為は、見下ろして祈りながら被害者を刺そうとする犯人に見られました。

突然、管理人の部屋の方向から、モスクは包丁を持って来ました。彼はまた、モスクのイマームの胸にある刃の鞘を外しました。
幸いにも、ヤジドは事件を生き延びました。すぐに気づいた会衆は加害者を追いかけました。使用されているナイフが曲がっているように見える間。

事件の時にモスクの中にいた夜の祈りの1つであるヘンドラバクティナインゴランは、刺しが行われた直後に会衆がモスクの出口のドアを閉めたと言いました。犯人はその直後に無事に確保され、ペカンバル市の警官に引き取られた。

ヘンドラによると、司祭は胸に小さな擦り傷を負っただけでした。 「私たちの司祭は水ぶくれだけで大丈夫ですが、ナイフは曲がっています」とヘンドラは言いました。

警察が状態が曲がっていることを押収したとき、Ustaz Yazid Umar NasutionのPekanbaruでモスクのイマームを刺すために使用されたナイフ。では、なぜナイフが曲がったのでしょうか。
「そうです、たぶん包丁が本当に薄いので、そうです。それは非常に薄いので、曲げることは非常に簡単です」とカポレスタ・ペカンバル上級委員長ナンダン・ムーミン・ウィジャヤは金曜日(2020年7月24日)にAFPに語った。

彼は、プカンバルのアルファラモスクのイマームを刺したIM犯人、ヤジドウマルナスティオン(36)が故意に自宅からナイフを持ってきたと説明しました。

「確かに、犯人は故意に彼の家からナイフを持ってきた」とナンダンは言った。

これとは別に、Kasat Reskrim Pekanbaruの警察委員長Awaluddinは、加害者が持ってきたナイフは非常に薄いと付け加えました。

「加害者が故意に彼の家から持ち込んだ包丁だった。そのナイフは非常に薄かったので、たまねぎを切るためにしか使用できなかった。それがニンジンを切るためのものだったとしても、それは曲がるかもしれない」とアワルディンサイアムは言った。

刃物が非常に薄い状態で簡単に曲がるように、亜鉛の破片などの基本的な材料の加害者によって運ばれるナイフを初期に説明しました。

「それは犠牲者に2回刺すことで起こりました、最初は打たれませんでした、2番目は胸を打った。

以前、ペカンバルにあるアルファラモスクのイマームであるYazid Umar Nasution(36)は、祈りを先導した後に刺しの犠牲者になりました。犯人と被害者を刺すために使用されたナイフの証拠は、現在、Pekanbaru警察によって保護されています。

ヤジドの刺し傷は、リアウ州プカンバル、プカンバル市地区、シンパンエンパットビレッジ、ジャランスマトラ、アルファラモスクで発生しました。最初のIMを持つ加害者は、ナイフを使用して被害者の左胸を刺しました。

当初の公開25th July 2020 @ 8:29 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: