インドネシアのビンタン島を日本のパートナーは、新鮮なピッキングのためにビンタンで野菜を栽培する

来年の第1四半期から、インドネシアのビンタン島を訪れ、島内の2つの温室から収穫したばかりのケールを食べることができます。

野菜はビンタンのレストランにも供給され、2021年までにシンガポールに輸出される。

両方の温室は、今年末までにビンタンの極北に建設されるギャラン大林グリーンアグリテックパークの一部です。

5haパークの建設計画は、ジュエルチャンギ空港の開発に携わった日本を拠点とする大林有司と提携し、開発者PTペルサダ・ヒジャウ・セマーラン(PHC)によって火曜日(14日)に発表されました。

PHCは、シンガポール上場の投資会社ギャラント・ベンチャー(ビンタンに15のリゾートと2,000室の客室を持つビンタン・リゾーツの開発者)が所有しています。

ギャラント・ベンチャーのエグゼクティブ・ディレクター兼最高経営責任者のユージン・チョー・パーク氏は、野菜の栽培を除けば、温室はより多くの訪問者を引き付けるためにエコツーリズムを促進する役目を果たすと述べた。

 

観光客は、農業技術の仕組みを学ぶために公園の一部であるビジター&エデュケーションセンターを訪問することができます。彼らはまた、温室の一つから桜のトマトを選ぶためにサインアップすることがあります。

「エコツーリズムは、観光客がビーチに座る以上のものを望んでいるので、需要が増加している分野の一つです」と、彼が言いました。

昨年ビンタン・リゾーツを訪れた120万人の外国人観光客のうち、40%がカメの孵化場、マングローブ、新しい海洋生物発見公園でのエコツーリズム活動に参加した、とパーク氏は語った。
温室はそれぞれ5,000平方メートル(または2つのサッカー場の大きさ)で、各収穫ごとに栽培される野菜の目標量は100トンです。

これは日本でも同じような大きさの温室で生産される量です。

収穫した野菜はビンタン・リゾーツのバナーの下でレストランやリゾートに供給され、残りは来年シンガポールに輸出されるが、ギャラン・ベンチャーは輸出額と供給量の数値を明らかにしなかったが、ビンタン。

作物の栽培に使われる農業技術は、2014年に千葉県内に建てた大林工務がシンガポールの気候に適応したオーク香取農園の温室から借りている。

重要な特徴は、内部の湿度と光強度を調節することです。温室は、通常、寒い天候から野菜を暖かく保つ構造ですが、シンガポールの熱帯気候を考えると、アグリテックパークの温室は、その内部温度を下げるために冷却ユニットを持つことになります。

温室はまた、冷却ユニットのエネルギーを生成するのに役立ち、オープンフィールドでの従来の農業に比べて90%少ない水を使用するソーラーパネルなどの環境に優しい機能を備えています。

大林建設の新事業部長の野田淳也氏は、2023年までに温室は約2haから10haに拡大し、その他の葉野菜が生産される見込みだと述べた。

当初の公開18th January 2020 @ 6:22 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: