インドネシアのマルク村近くで絶滅危惧種のオサガメが死亡

土曜日の朝、マルク中央部摂政区のアシルル村の沖合でオサガメが発見されました。

マルクの海洋水産省の海事管理部門の責任者であるイワン・アシキンは、カメは地元の漁師によって死んで発見されたと述べました。

「フィッシャーマンのアミンママンとアブナリリーは、長さ180センチ、幅140 cmのカメを見つけました。しかし、彼らがそれを見つける前に、それは死にました。その後、彼らは死体を岸に移動させた」とイワンは土曜日に言った。

カメは強い海流に流された可能性が高く、サンゴの頭などの固い物体と衝突した後に殺された可能性があると彼は語った。

「死因をさらに調査している」とイワン氏は述べ、マルク天然資源保護局(BKSDA)の職員は、アンボンのバグアラ地区のパッソ村にあるBKSDA住宅団地の近くに亀を埋めたと付け加えた。

地元ではペニュベリンミングとして知られているオサガメは、世界最大のカメであり、3種のワニに次いで4番目に大きな爬虫類です。

インドネシアでは、オサガメは保護された海洋種です。長年にわたって人口が減少し続けているため、絶滅危惧種と見なされています。

昨年12月、全長213 kgの2.13メートルのオサガメが、北スマトラの中央タナプリ県、ソソルガドン地区の住人によって、産卵のために上陸していたことが報告されている。

Leave a Reply

%d bloggers like this: