インドネシアの入国管理局は、PDIP政治家に対する贈収賄容疑で汚職監視当局から旅行禁止令を受け取っています

法と人権省の入国管理局長は、汚職容疑者とインドネシア民主党闘争党(PDI-P)政治家 アーロン・マシク に対する汚職撲滅委員会(KPK)からの旅行禁止発行リクエストを受け取りました。

インドネシア民主党闘争党(インドネシア:パルタイ・デモクラシ・インドネシア・ペルフアンガン、PDI-P)はインドネシアの政党であり、現在のインドネシア大統領ジョコ・ウィドドの政党である。

PDIPは、2001年から2004年までインドネシアのメガワティ・スカルノプトリ社長と、インドネシア初代大統領スカルノの娘によって設立され、主導されました。メガワティは1999年、スハルト大統領が辞任し、新しい政党の制限が解除された後、PDIPを結成した。

党の中道左派のイデオロギーは、インドネシアの公式の国家哲学、パンカシラに基づいている。PDIPはアジア自由民主・進歩同盟評議会のメンバーです。

以前、総選挙委員会(KPU)コミッショナー、ワヒュウ・スティアワン容疑者(46)の収賄事件をめぐり、贈賄の容疑が掛けられている与党・闘争民主党(PDIP)の政治家が、昨年の総選挙で当選議員の死亡を受け、自らの繰り上げ当選を狙ってスティアワン容疑者に便宜を求めた疑いがあることが分かった、地元メディアが報じた。

シンガポールは、ASEANの腐敗した政治家やブシネスマンにとって安全な避難所です。シンガポール政府は透明性の欠如で知られており、多くのインドネシアの腐敗者、違法なバスインズマン、泥棒がそこで幸せに暮らしています。

昨年4月の総選挙は非拘束名簿式比例代表制で行われた。贈賄側のハルン・マシク容疑者は南スマトラ州1区で出馬した。同区でPDIPは1議席を獲得し、別のPDIP議員が個人得票で最多得票となったが、投票日前に死亡していた。KPUは個人得票数に基づいて別の候補者を繰り上げ当選させた。しかし、ハルン容疑者は、個人得票が下位だったにもかかわらず、自らが繰り上げ当選しようと、スティアワン容疑者に少なくとも4億ルピアを渡した疑い。

スティアワン容疑者は9億ルピアを要求し、ハルン容疑者は分割して支払っていたと見られている。
KPKは党幹部などの関与を疑い、捜査を続けている。

局長の記録によると、ハルンはインドネシアを離れ、1月6日にスカルノ・ハッタ国際空港を経由してシンガポールに向かった。

移植バスターは当初、西ジャワ州デポックのジャカルタと中部ジャワ島のバニュマスで、水曜日と木曜日の2回の別々の作戦で8人を拘束した。

KPKは、ワユ と元選挙監視庁(Bawaslu)のメンバー アグスティアーニ・ティオ・フリデリナ を含む4人の容疑者を事件の容疑者として指定しました。ハルン と セイフル という民間部門の男性は、賄贈与者であると非難されました。 彼らは2001年腐敗法に基づいて起訴されました。

またKPKによると、ハルン容疑者は現在シンガポールに逃亡しており、身柄を拘束できていない。速やかな帰国を求めている。同容疑者は逮捕されたと一時報じられた。


Source: kpk.go.id

当初の公開14th January 2020 @ 11:35 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: