インドネシアの兵士の15パーセントはコロナを信じています。 ボゴールで

インドネシアの兵士の15パーセントはコロナを信じています。 ボゴールで

インドネシアの兵士の15パーセントはコロナを信じています。 ボゴールで

西ジャワのボゴールでコロナが広まるケースは、最近、かなり著しく増加しました。現在懸念されているのは、家族におけるCOVID-19感染のクラスターです。

コロナの189の陽性例で記録された約48の家族クラスターがありました。ファミリークラスターは、ボゴールでのCOVID-19症例の34.7%も占めています。

パンデミック・トークのアナリストであるフィルザ・ラディアニは、ボゴール保健局がまとめたデータから、家族集団でコロナの影響を受ける人のほとんどが高齢者と子供であると説明しました。

「心配しているのは、ボゴールの家族集団の20%が症状のない人だということです。その人は健康であると感じ、ウイルスに感染していることが判明しました」と、FirdzaはYoutube BNPBのプレスリリースで月曜日(2020年7月9日)に述べています。

ボゴール保健局が実施した社会調査では、コロナCOVID-19ウイルス病が実際に存在しているとボゴール住民の15%だけが信じていることも示されています。残りは彼らがそれを信じていなかったと言いました。これは、より大規模な家族クラスターの引き金になる可能性があります。

「住民は家族の集団が危険であることを理解し始めるべきです」と彼は言った。

同じ機会に、COVID-19タスクフォース健康管理の議長であるAkmal Taher教授は、すべての人々が健康プロトコルを適切に実施しなければならず、在宅の脆弱な人々、特に併存症のある高齢者に感染しないことを思い出させるためにこれらの発見を伝えました。

「家に両親がいる場合、私たちは彼らの世話をしなければなりません。誰かが家を家から出ることを余儀なくされた場合、私たちはリスクの高い人に会うことから警戒しなければなりません」とアクマル教授は言った。

 

source: detik

Leave a Reply

%d bloggers like this: