インドネシアの平均腐敗者は31ヶ月の判決しか受けない

Indonesia Corruption Watch(ICW)は、汚職者に与えられた罰は抑止効果をもたらさなかったと考えています。 2019年を通じて、汚職者に対して裁判所が課した平均判決は、わずか2年7か月の懲役でした。

実際、SKL BLBIの汚職事件で汚職の疑いで起訴された元IBRAのSyafruddin Arsyad Temenggung元首相、およびRiau-1 PLTUプロジェクトに関連する贈収賄で起訴されたPT PLNの元取締役であったSofyan Basirを含む、裁判所により無罪および釈放された54名の汚職被告がいた。

ICWの研究員であるクルニアラマダナは、日曜日(4/19)の声明で、「裁判所の判決が依然として汚職の加害者を軽く罰する場合、抑止効果の付与は適切に実現されることは決してないだろう」と述べた。

ICWはクルニアに続き、0〜4年の判決を軽度の判決、4年超から10年の判決を中等度の判決、10年超の判決を重度の判決に分類しました。

彼によると、ICWが実施した監視から、2019年の間に1,019件の汚職事件があり、裁判所ではすべてのレベルで1,125人の被告が裁判にかけられました。汚職を犯した842人の被告の数は、裁判所によってさまざまなレベルで軽く判決され、すべての被告の82.2%が裁判にかけられました。

実際、この数字は前年と比べてかなり増加しており、わずか79%程度でした。約173名の被告のみが中等度または16.9パーセントの判決を受け、9名の被告は厳重または全被告の0.8パーセントのみの判決を受けた。さらに、無罪となった被告は41人、無罪となった被告は13人でした。

当初の公開20th April 2020 @ 3:13 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: