インドネシアの植民地化後に日本が与えたものは何ですか❓

batamax.com dai nippon

batamax.com dai nippon

日本人、特に若い世代は、過去の「軍事」の影響についての苦い記憶を持っています。 「したがって、日本はかつて植民地だったすべての国に戦争賠償を支払う「道徳的」義務があると感じています。

サンフランシスコ協定から始まる

1951年半ば、アメリカはサンフランシスコで日本との平和と戦争の執行に関する条約を交渉する会議を開始しました-サンフランシスコ条約(サンフランシスコ条約)として知られています。この合意は、主に国連憲章(UN)と人権に関する一般声明に基づいていました。

インドネシアを含む合計49か国が、協定への署名に参加するよう招待されました。当時権力を持っていたスキマン・スィルジョ内閣は、特に利益が不明確であると考えたインドネシア国民党(PNI)グループと、会議をインドネシアと日本の問題の障害の終わりと見なしたマシュミとに分かれていた。最後に、政府は、インドネシアに利益があれば参加することをいとわない中間的な立場を取りました。

Achmad Soebardjo外務大臣はサンフランシスコに向けて出発しました。しかし、署名式の数時間前の1951年9月7日、内閣はまだ合意に達していない。内閣も投票します。その結果、10人の大臣が平和協定に同意し、6人の大臣がそれに反対しました。

最終的に、サンフランシスコ協定は1951年9月8日に首尾よく締結され、1952年4月28日に発効しました。協定が合意されると、第二次世界大戦の終わりに伴い、日本は公式に帝国主義国家としての力を失いました。さらに、日本は、日本の戦争犯罪に苦しんでいる同盟民間人および元戦争捕虜に対しても補償を提供することが求められています。

サンフランシスコ協定の第14条は、「日本は、自国の領土が日本軍によって占領され、日本によって破壊された連合軍と直ちに交渉することを期待されている。日本はそのような連合軍のために生産、回復、その他の作業を行っています。」

第14条に基づき、フィリピンと南ベトナムはそれぞれ1956年と1959年に補償を受けました。ビルマとインドネシアは、サンフランシスコ協定の第14条に従って二国間協定に署名しました。 1941-1945年に占領された国に対する日本の戦争賠償は次のとおりです。

国合計円合計USD契約日

ビルマ72,000百万2億1955年11月5日

フィリピン198,000百万550百万1956年5月9日

インドネシア80,308.8百万223.08百万1958年1月20日

ベトナム14,400百万38百万1959年5月13日

 

インドネシア戦争の戦利品の戦争の道

サンフランシスコ協定の結果に続いて、1952年のジュアンダの日本への最初の使命は、インドネシアが日本の占領中に400万人の命を失い、国家資産で数十億ドルを失ったため、177億米ドルの戦争復興を要求した。需要が非常に高かったため、日本は非常に驚きました。日本外務省のアジア支局長になった彼の役人の一人である輪島敬二でさえ、日本はインドネシアと戦ったことがないので、日本は実際に戦争賠償を支払う必要はないと仮定した。

1953年、サストロアミホヨ政府は、中断した交渉を再開しました。この交渉で、インドネシア側から提出された損失の総額は172億米ドルに減少し、日本は1億2500万米ドルしか提供しなかった。インドネシア政府が提案した金額と日本政府が提示した金額は非常に遠かったため、交渉は再び成功しなかった。

その結果、1955年まで、両国間の関係は戦争賠償の問題のために緊張していた。一方、フィリピンは日本から賠償金を得ています。 1956年7月13日、ジュアンダ首相は岸首相に手紙を送り、行き詰まった交渉を再開した。

インドネシアは、経済的支援および債務返済の延長としてさらに4億米ドルに加えて、4億米ドルを賠償金として提供することにより、善意を示しました。日本はまた、この数字を2億米ドルに引き上げることで誠意を示しました。

1956年9月の終わりに、小林、東南アジアの日本大使が提案を提案し、大幅な進展を見せ始めた交渉は続けられました。返済の支払いが完了してから10年間の分割払いで支払われた2億米ドルの価値、および4億米ドルの貿易援助。

交渉の中で、岸首相が来ているというニュースが来ました。そのため、小林は到着に備えて、新たな提案、2億3,000万米ドルの賠償金、4億米ドルの経済援助(助成金)も提供しました。インドネシア政府は最終的にこの提案を受け入れました。

1957年11月、岸首相はジャカルタに来てスカルノ大統領と対面交渉を行いました。この国の両首脳は、両国の協力関係の正常化の障害となった戦争賠償の問題を解決することに成功した。

岸首相は、インドネシアのすべての債務を帳消しにすることさえ提案した。この大きな決断は、喜んでブンカルノに自然に受け入れられました。岸首相の帰国を待つこの提案に対する国内の反応のリスクはありません。

1958年1月20日に、戦争賠償の最終額は80,308.8百万円で、223.08百万米ドルに相当し、資本財およびサービスの形で12年間にわたって支払われることが決定されました。

日本は、歳出予算協定に従って、最初の11年間は毎年2,000万米ドル、12年目には308万米ドルを支払うことに合意しました。日本はまた、インドネシアに投資し、4億米ドルの限度まで長期融資を求めることに同意した。平和と戦争の広がりに関する協定は、1958年3月13日にインドネシア議会によって批准され、1958年3月27日に制定されました。

1958年の賠償契約は、6つのプログラムとプロジェクトのカテゴリを含むリストで構成され、そこでは差し押さえ資金が使用されます。これらの6つのカテゴリは、輸送とコミュニケーション、人材開発、産業開発、農業と漁業開発、鉱業、およびサービスです。

公開された合意文書のほかに、当時公開されていなかった他の2つの文書、すなわち、難破船の任命に関する戦争復興の合意の文書がありました(1953年12月に署名された650万米ドルの難破船の任命に関する合意も取り消されました)交渉。

最大6年間の賠償金決済の遅延は、インドネシア政府高官の間の反日感情を深めています。しかし、観察によると、インドネシアの戦争復興の承認に非常に長い時間が必要な本当の理由は次のとおりです。

日本軍とその家族の誤解または幻想。それは、アジア諸国の西側の侵略者からの独立を守るために戦っているほど狂信的に教え込まれているからです。さらに、ドクトリンは、戦争の終わりにインドネシアが独立を宣言することに実際に成功したときに証明されたようでした。

インドネシア政府が要求した金額は、当時日本が支払うには大きすぎました。

日本政府は、戦後の失われた中国市場に取って代わる理想的な選択肢として、戦争賠償の支払いは実際には将来の日本の新しい市場への投資であると主張することにより世論を説得しました。

時間が経つにつれて、インドネシア政府は、合意された金額が最初の請求額のわずか3パーセントになるまで、要求を減らすことにも同意しました。政府は、当時、オランダの資産をすぐに引き継ぐことは財政的および道徳的支援を必要としていたため、推論した。同時に、インドネシアは国家の依存を生み出す傾向のある対外援助/債務を受け入れたくありません。そのため、戦争賠償は、独立を失うことなくインドネシア経済を支援する理想的な形態です。インドネシアはできるだけ早くそれを本当に必要としています。 1957年末に行われた合意は、オランダの資産の確認が行われる数日前に行われました。

戦争賠償金の支払いは、当時の冷戦を中心とした米国の世界政治の一部とみなされなければなりません。戦争賠償は、スカルノ大統領に圧力をかけ、インドネシアの国内政治に影響を与えるためのツールとして使用されました。

戦利品の実現の影響

全体として、差し押さえプロジェクトには、経済的な観点からのみ見ると、肯定的な側面よりも否定的な側面が多く含まれています。多くのプロジェクトは、それを完了するのに十分な資金を受け取りません。これは主にインドネシアで発生したインフレによるものです。 1965年12月以降、資金不足のため他のプロジェクトは中止されました。パンパサンは汚職の国でもあります。

同様に、戦争賠償契約は一般的に日本のビジネスマンのみが享受するため、日本企業が利益を培い、インドネシアでのさらなる市場拡大の基盤を確立する良い機会を提供します。

当時の日本の経済状況は、補償金を現金で支払うことを不可能にしました。彼らは、借金の返済が国内経済の成長を加速させるように、一生懸命努力した。これは、戦争補償の支払いとして日本が最初に輸出した商品、すなわち船によって証明され、その後、鉄道車両、車両、農機具などの輸出が続きます。

さらに、戦争の返済に対する支払いの1つの解決策は、日本の商品の輸出を促進するだけでなく、以前の植民地からの学生を受け入れることによって支払い自体の価値の負担を軽減することでもあります。 1961年から1966年にかけてインドネシア政府は、合計500人に加えて1,750人の研修生を予定している学生を日本に派遣しましたが、選挙は学業成績ではなく政治に基づいていました。

1958年6月18日、インドネシア海運省と木下商社との間で、最初の暫定的な賠償契約が結ばれました。この契約は、日本の外務省とパンパサンミッションによって正式に承認され、1958年7月24日に外務省によって検証されました。この契約により、4隻の新しい船と5隻の中古船が使用されました。インドネシアに供給。

完了して効率的に実行されているプロジェクトには、南スマトラのムシ川にかかる橋(アンペラ橋)があり、1965年5月に1178万米ドルの費用で完成しました。最も記念碑的なプロジェクトは、おそらくジャカルタの中心にある国定記念物であり、これは戦争賠償の結果の象徴です。別の成功したプロジェクトは、東ジャワに建設された根山水制御トンネルです。 1959年に建設され、1961年4月に1,97百万米ドルの費用で完成しました。

東ジャワのブランタス川地域での包括的な開発プロジェクトは、差し押さえ基金によって資金提供されたプロジェクトの中で最大の建設プロジェクトであり、シンボルです。 1963年に契約したプロジェクトは「3Kプロジェクト」と呼ばれ、文字Kで始まる3つの川の名前を表しています。1つ目はブランタス川の支流であるKarangkates川、2つ目はブランタス川の支流であるKali Kontoです。 3つ目は右の川です。 3つのダムプロジェクトは、略奪から2,835万ドルの費用がかかりました。ただし、この手数料で3つを解決できない場合は、日本政府から追加の円借款が提供されます。

日本からのお金の洪水は、スカルノがこれまで贅沢と考えられていた巨大なスタジアム(ブンカルノスタジアム)で1962年のアジア大会IVを開催する決意を促しました。他のプロジェクトには、ジャカルタの4つの大きなホテル、西ジャワのペラブハンラトゥ、ジョグジャカルタ、バリが含まれます。 1962年にジャカルタに建設された14階建てのインドネシアホテルは、もともとその年のアジア大会で外国の指導者や観光客を収容することを目的としていました。 1969年まで、ホテルはすべてのお客様が米ドルでアカウントを支払う必要があったため、外国為替の重要な情報源でした。

ジャカルタで唯一の国際的なホテルであり、1966年までインドネシア全土で、ホテルインドネシアは通常フル稼働し、ジャカルタの社会的および外交活動の中心です。したがって、ホテルインドネシアは常に成功しています。しかし、他の3つのホテルは、品質は同じですが、1966年の開業以来、20〜30%のキャパシティでしか営業していません。

実現不可能で非実用的な他のプロジェクトは、14階建てのSarinah Toserbaと29階建てのWisma Nusantaraビルで、どちらもジャランタムリンのジャカルタのメインストリートにあります。 1966年8月にオープンしたサリナデパートは、インドネシアで最初のエスカレーターが設置されているため、インドネシアの人々にとって魅力的です。商品の品質は高いが、価格も同様に高いため、平均的なインドネシア人には手頃な価格ではありません。

Wisma Nusantaraの将来も疑わしい。最初の契約は1964年8月に800万米ドルで行われ、1965年10月にクーデターが失敗するまで建設は順調に進みました。

1969年2月、日本の外務省は、首相のリーダーシップの下で公正取引委員会の元議長である北島武夫を議長とする使節団をインドネシアに派遣しました。北島ミッションは、差し押さえに関係する多くのプロジェクトで多くの遅延を発見しました。これは、1965年のインドネシアでの追加資金不足、メンテナンス不足、設備不足、政治的混乱によるものです。

当初の公開8th March 2020 @ 1:51 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: