インドネシアの貧困率におけるコロナウイルス発生の影響は増加する

国家開発計画大臣またはBappenas長官(PPN大臣/ Bappenas長官)Suharso Manoarfaは、国家中長期計画(RPJMN)におけるインドネシアの貧困率を修正します。

これは、インドネシアでレイオフストームが発生するコロナウイルスが原因で行われました。非常に多くの労働者が失業しており、貧困につながっています。

「2020-2021年の開発目標を修正する必要があります。BPSが発表した貧困率は9.2に達し、2020年には8.5%または9%を抑制できる可能性がありますが、追加される可能性があります」火曜日(05/12/2020)にジャカルタで。

それでもスハルソ氏は、政府は貧困削減のために並々ならぬ努力を払い、2桁に二度と浸透しないようにするだろうと述べた。貧困が二桁を突破すれば、政府は困難な課題を抱えることになるからです。

同氏はまた、「2020年が二桁にならないことを望んでいる。二桁に達すると、2021年には大変なことになるだろう」と語った。

しかし、スハルソはレイオフが横行しているため、政府が貧困を削減できないことを懸念していた。

「私たちが並外れて働くことができるならば、我々は9.7パーセントから9.2パーセントに達することができる。しかし、私が2021年に貧困について非常に心配していると私は確信していない」と彼は言った。

Leave a Reply

%d bloggers like this: