インドネシア省は、価格が下がるにつれて、企業が農家の鶏を購入することを奨励します

農業省は企業と協力して、農家の鶏を購入するよう奨励しており、繁殖期が進むにつれて現在の過剰供給と価格を改善しています。

同省は月曜日に、全国家禽繁殖組織(Gopan)、家禽農家協会および情報センター(Pinsar)、および動物飼料会社PT Universal Agribisnisindoと正式にパートナーシップを結びました。

「パートナーシップは、独立したブリーダーが生きている鳥の生産を吸収できるように支援する政府の取り組みとして形成され、畜産品のマーケティングを改善する取り組みの一部です」と農務省の報道声明は述べています。

同省の声明によると、インドネシア全土で約400万羽の生きた鳥を吸収することを約束している既存の23の企業に8社が参加する予定です。図のうち、15社がJavaに焦点を当てます。

同省のデータによると、同国の鶏肉の供給量は3月から5月の間に需要を204,632トン上回ると推定され、農家の販売価格が急激に下落しました。

4月18日のピンサールのデータによると、西ジャワのボゴールとデポックでは、鶏肉の平均価格は1キロあたりRp 10,000(64 USセント)〜Rp 12,000で、生産コストよりも約34%低くなりました。

鶏農家は、コロナウイルスの発生に対処するための政府の対策によって引き起こされる物流の問題に加えて、供給過剰に直面しています。ニワトリの生産の中心地であり、最も被害の大きい州である西ジャワや東ジャワなどの地域は、急速に蔓延するウイルスを封じ込めるために、旅行や社会的な制限措置を課しています。

「コロナウイルスの発生の中で、独立農家を保護し、消費者の手に鶏肉を円滑に流通させるための革新的な対策を模索しています」と、同省の畜産局長I Ketut Diarmita氏は述べた。

当初の公開20th April 2020 @ 3:32 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: