ガルトの女の子が警官を避難させたディキラはコロナウイルスと契約しました、それは彼氏によって失神した女の子が判明しました。

Garut Ricky Rizki Darajatのコロナウイルス処理担当者がこれを確認しました。リッキー氏によると、この事件は土曜日(4/25)の夜、STMラウンドアバウト地区のタロンゴンカレルで発生した。

「プスケスマスのスタッフが女性から突然失神したという情報を受け取ったのは事実だ。コロナウイルスが原因ではなかったと確信している」とリッキーは日曜日(4/26)の夜にAFPに語った。

情報を受け取ったタロゴンコミュニティヘルスセンターの役員は、すぐにその場所に車で行きました。少女の失神の原因はまだ特定されていなかったため、APDの職員は直ちに彼をPuskesmasに避難させました。

「この少女はその後、タロンゴンヘルスセンターに連行された」と彼は言った。

保健所に行って間もなく、この女の子は気づきました。彼はコロナに襲われなかったことが判明しました。この女の子は、彼女が気絶する前に、彼氏に捨てられたと私に話します。

「私がヘルスセンターから得た情報、確かにこの女の子から得られた情報はそのようなものです。彼女は彼氏に捨てられて気絶しました」とリッキーは言った。

少女の将校によって彼の健康をチェックした後、それから家に帰ることを許可されました。その少女は彼女の家族に迎えられた。

「私たちは大衆に家に留まることを勧めます。それがさまよう場合、それはそのようである可能性があります。私たちは避難しましたが、ボーイフレンドの決定のために明らかに気絶しました」とリッキーは言った。

「プスケスマスのスタッフ自身は、公衆からの報告への対応に敏感です。実際、現在のところ、病気の歴史はまだわかっていませんが、医療関係者が実施するSOPは確かにそのようなものです」とリッキーは述べた。

当初の公開27th April 2020 @ 6:49 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: