コロナに陽性反応を示したシンガポールの2人の労働者がファイバー設置作業のために34の家を訪問しました

シンガポールのファイバーブロードバンドオペレーターであるNetLink Trustは、2020年4月17日に、請負業者の4人の労働者がコロナに対して陽性反応を示したことを確認しました。

彼らは2020年4月14日から4月16日までの間に陽性反応を示しました。

二人は家にファイバーの設置工事を行っていた

声明の中で、Netlinkは、請負業者の2人の労働者が家やオフィスの訪問を含む仕事をしたことを明らかにしました。

他の2人は、2020年4月1日から4月14日までの間にファイバー敷設作業のために34戸の家を訪れました。

NetLinkは、請負業者と協力してMOHが「影響を受ける労働者が接触した可能性のあるすべての当事者」に接触するための接触追跡の取り組みを支援していると述べました。

また、NetLinkは、2020年1月末以降、オペレーターとその請負業者がMOHおよびMOMガイドラインに沿った予防措置を講じていることを顧客に安心させました。

追加の保護手段として、IMDAの指示に沿って自宅やオフィスへの訪問を必要とするすべての作業を一時的に停止しました。

この一時的な停止は、既存の予防策の見直しと適切な機能強化が実施された後に解除されます。

あなたはここで彼らの完全な声明を読むことができます。

当初の公開19th April 2020 @ 6:30 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: