コロナの発生、ジャカルタの浮浪者のレイオフ犠牲者、食料品を追いかけるために店先で寝ている

インドネシアで起こったコロナウイルスのパンデミックは、より広いコミュニティに経済的打撃を与えました。

特に中流階級のコミュニティにとっては。

コロナの人々の経済への実際の影響、人々は突然浮浪し、ポーチで眠って無料の食料品を追いかけました。

Covid-19パンデミックは、コミュニティの経済、特に収入が固定されていないコミュニティの経済に悪影響を及ぼします。

一部の住民は、家賃や宿泊費を支払う収入がなくなったため、タナアバンマーケットエリアのポーチで生活および睡眠を余儀なくされました。

その1つは、タナアバンの歩道で1か月近く眠っていた元店員のRezaです。

この記事は、tribunbatam.idというタイトルで公開されています。コロナの発生以降、ジャカルタの浮浪者のレイオフ被害者は、店の前で寝て食料品に追いつき、

「私はヒジャーブ貿易の旧市街の人々に加わっ​​たトレーダーです。コロナの状態も訪問者が不足しており、政府による規制も店も開かない可能性があるため、閉鎖されています」と彼は木曜日にKompas TVのインタビューブロードキャストで語った(4/23 / 2020)。

Covid-19の発生により職場が閉鎖されたため、搭乗を支払う余裕がなくなったため、彼は浮浪を強いられました。

「彼の名前は下宿です、彼の名前は私にはわかりません、彼の名前は胃、コロナ、または胃です。私たちは食事をしなければならず、滞在する場所は支払われなければなりません」

一方、同じくポーチで寝ていたファミは、下宿を借りるためにお金が足りなくなったため、道路脇で寝ざるを得なかったと主張した。

ファーミは、モールとキオスクの営業が許可されなかったために最終的に解雇されるまで、ブロックMショッピングセンターで働いていました。

「政府はそれを店舗に拡張し、ブロックMの店舗は閉鎖されました。

「まあ、それを閉じたとき、私は困惑し、お金がなくなって、自分が住みたい場所で食事をしたかった」と彼は言った。

現在、RezaとFahmiは歩道で寝ることができるだけで、道端にある無料の食糧配給が行われている場所を訪れることによって、食物を見つけることができます。

「私たち3人のタナアバンで寝ていると、一緒に食べ物を見つけます。

食物を追いかけている人もいますし、私たちも食物を追いかけています」とファーミは言った。

このパンデミックの影響を受けたジャカルタの労働者は非常に多く、フォーマルセクターとインフォーマルセクターの両方の労働者がいます。

調整経済省のスシウィジョノ事務局長は、ジャカルタのほぼ50万人の労働者が、Covid-19のパンデミックの経済的影響のために解雇されたと述べた。

首都で解雇された労働者の数は、インドネシアの他の州と比較して最大です。

「4月20日までの労働力大臣によって記述されたDKIのレイオフの数は、それだけでおよそ50万人(正確には)499,318人(労働者)でした。

これは全国的な解雇の3分の1です。

Musrenbangプログラムは、DKI Jakarta BappedaのYouTubeアカウントを通じて放送されました。スシウィジョノは、すべての州で解雇された労働者の総数を特定しなかった。

彼は、Covid-19パンデミックの経済的影響によって解雇および解雇された労働者に関するデータの蓄積のみを伝えました。「この家は解雇のプロセスに送られているため、解雇されたものは昨日まで200万を超えていた(全国的に雇用されている)」と彼は言った。

生活の必需品に迫られて、西ジャワ、ボゴール県、Cijeruk地区のSukaharja村に住むオマ(30)という男は、食料品店でガスボンベを盗もうと決心しました。

以前、大間はサンダル工場の従業員でした。しかし、解雇されて以来、彼は生活の必需品をカバーするためのお金を持っていなかったため、盗むことを余儀なくされました。

被害者の悲鳴が注目を集めたため、最初の盗難行為は住民によって阻止されました。

大間は脱出できないようにガスボンベをとっている最中に捕まった。

その結果、彼は包囲され、その場所で殴打されるまで暴徒に裁かれました。

犯人はすぐに証拠とともにタマンサリセクター警察に連行された。

工場労働者として毎日知られている大間は、妻と子供のために食料を買うお金がなかったので、彼女がそうすることを余儀なくされたことを認めました。

同氏は記者団に対し、「実際、私は(盗む)したくないが、妻と子供たちが食べていないのが残念だ」と述べた。

大間氏は、ガスボンベを盗む前に大きな戦いを繰り広げ、2020年4月17日金曜日に妻に家から追い出されたと明らかにした。彼の妻のおしゃべりと子供の叫びに耐えられず、彼は絶望的になりました。

さらに、コロナウイルスやCovid-19に関連する大規模な社会的規制(PSBB)の影響により、彼の職場は倒産しました。「家に帰らないとお金を稼ぐように言われて叱られ続けたので、最初は妻と喧嘩をしていましたが、結局強要されたのですが、当時はためらっていました。

「いいえ、いいえ、いいえ、最後にこれが初めてです」と彼は言った。

「ウイルス(コロナ)も強制的に(盗まれ)、ガスシリンダーが再び逆転したため、工場での3週間の休業期間は閉鎖されました。それは、追い詰められ、最終的に大衆に逮捕されて殴打されたために逃げました」と彼は付け加えた。

大間さんは、妻たちとタマンサリ地区の4人の子供たちに金がないため、今日まで家に帰る勇気がないことを認めました。

彼は両親と共にチエルク地区に住むことを余儀なくされた。

Kapolsek Tamansari Ipda KusnadiはKompas.comから連絡を受け、この事件が金曜日(2020年4月17日)に西ジャワ州ボゴール県タマンサリ郡スカマントリビレッジ、カンポンシマングリット、RT 004 / RW 001で発生したことを確認しました。

クスナディ氏は、この男性は妻と4人の子供と暮らしていたと語った。

経済的困難の状況と生活の必要性により、彼は最初に盗むことを余儀なくされました

当初、彼は続け、警察は盗難の報告を受け、男の住居を確認して実際の状態を調べるように命じました。尋問の後、男の発言は真実であることが判明し、最終的に警察は2人の加害者の両親を呼び出しました。

「はい、それは真実です(盗難)が、彼の家族に引き渡されました。加害者をチェックした後のこの事件の背景は、コロナのために解雇された後にお腹が空いていて、どこに食べ物を見つけるか混乱していた」と彼は言った。

しかし、彼がついに捕まり、盗まれたとき、その男は犠牲者に許され、助けさえ与えられました。

彼によると、Kokomを代表する犠牲者は、彼が空腹であったために警察を訴えるために耐えることができなかったとしても盗んだ父を見て残念に思った。

「この加害者も解雇されたばかりなので、私たちは彼の家族を説得的に呼びかけています。

したがって、最終的に被害者と加害者の間には合意があります。

被害者(ココム)は、加害者が解雇されたことを残念に思ったため基本的な必需品さえ提供したため、訴訟は延長されずに終了し、加害者は母親の家でも無事だったと説明した。

当初の公開25th April 2020 @ 6:25 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: