コロナウイルス:ビジネスが再開するにつれて、カビがマレーシアの皮革製品で成長していることが判明

マレーシアの企業はパンデミックコロナウイルスによる閉鎖の50日以上後に再開するので、一部のトレーダーは商品にカビの斑点が出現したため、余分な作業を余儀なくされています。

ペナンのティラウ島にあるショッピングモールで、チョン氏として知られることを望んでいる旅行と防寒の店主は、湿度が原因でそれが起こった可能性があると言いました。

「商店街の温度は空調に左右されるため、気温が急に上がると湿度が高くなる場合があります。
「これは、周囲の水の水蒸気の突然の増加を引き起こし、カビが成長する可能性が高くなります」と、国の運動管理命令(MCO)の開始以来店が閉鎖されている47歳は言いました。

チョン氏は、一部の財布、革のバックパック、ハンドバッグにカビが生えていることがわかったと語った。

「製品の見た目は悪くなりますが、機能には影響しません。少し油を使用して、きれいな布で磨くだけでした」と彼は月曜日(5月11日)に店に会ったとき言った。
ここのショッピングモールにいる別の財布とバッグの売り手、ライさん(65歳)として知られることを望んでいた彼女は、彼女の製品のほとんどはほこりが多いと述べました。
「ディスプレイラックの一部の商品には、閉店時にクリーニングできなかったためにほこりが付いていました。他のほとんどの商品は、MCOで閉店する前に保管するために紙で包んで問題ありませんでした。

「当社の製品のほとんどはピュアレザーではなく、PUレザーまたはPVCレザーで作られているため、型になりにくい」と彼女は述べた。

Sawさん(51)として知られることを望んだショッピングモールの販売アシスタントは、カビが生えている革製品は、ベビーオイルや家具のつや出し剤で簡単に拭き取ることができると述べました。
「2か月の休業中は、商店街の空調の温度が変動することがあります。時々湿気が多くなることがあります。また、雨が降っているため、湿っています。
「革は耐久性があり、手入れをすると、カビが生えにくくなります」とモールの革の財布とバッグのセクションを監督しているソーさんは言いました。

セランゴール州のペタリンジャヤで、マレーシア小売チェーン協会(MRCA)の会長、ギャリーチュアは、MCO期間中の商品の損傷による損失はまれであると述べました。

チュア氏は、「商品の損傷があったという遠隔のケースはあると思うが、MRCAメンバーは問題はない」と述べた。

また、小売業者とショッピングモールは、より多くの顧客を引き付けるために協力する必要があるとも述べました。

「ショッピングモールは、小売業者を支援するために積極的なプロモーションを行う必要があります。

「モールはまた、顧客の信頼を取り戻すために、温度チェックや手の消毒剤の提供など、Covid-19感染を防ぐための標準的な操作手順があることを示す必要があります」と彼は言った。

カビに覆われた革製品の写真を掲載した投稿がソーシャルメディアで口コミで広まりました。

source: strait times

Leave a Reply

%d bloggers like this: