コロナウイルス:マンダイロードのマンダイロッジ1は、隔離区域として宣言される9番目の外国人労働者寮です

シンガポール-

そのような施設でのCovid-19事件が増加し続けているため、別の外国人労働者寮が隔離下に置かれました。ガン・キム・ヨン保健相は、4月15日の政府官報の通知によると、感染症法のもと、マンダイロードのマンダイロッジ1を隔離地域として宣言した。この動きは木曜日に発効する。現在、隔離エリアとして宣言された合計9つの寮があり、これらの宿泊施設の労働者は14日間部屋に隔離されなければなりません。

Mandai Lodge 1は、ここにあるコロナウイルス症例の既存のクラスターにリンクしています。水曜日の夜に発表されたクラスターに関連する1つの新しいケースが保健省の毎日の更新であり、感染の数は7になりました。

4月12日、別の外国人労働者寮、コクランロッジ2も、月曜日に隔離区域として宣言されました。 Admiralty Road Westの施設のブロックAからEは、ケース数が増えるにつれて隔離エリアになりました。水曜日に発表されたそのクラスターに関連する11の追加の症例があり、合計46の確定症例がもたらされました。

隔離エリアとして公開されている他の7つの寮は、コクランロッジI、アカシアロッジ、タンピネスドミトリー、スンガイテンガロッジ、S11ドミトリーアットプンゴル、ウェストライトトーグアン、トーグアンドミトリーです。

シンガポールでは、寮に関連する404件を含む、過去最高の447件の新しいコロナウイルス症例が報告されました。これにより、国全体のCovid-19感染は3,699人になりました。

水曜日に報告された別の3つの新しいクラスターが寮にあり、新しいケースがほぼすべての既存の寮クラスターにありました。シンガポール最大のクラスターであるS11ドミトリー@プンゴルはさらに74ケースを追加し、合計は797となりました。

水曜日のケースでは、ウイルスに陽性反応を示した寮に少なくとも1,800人がリンクしている。

当初の公開16th April 2020 @ 6:23 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: