シンガポールがASEAN向けのコロナ後議定書を提案

batamax.com mask

batamax.com mask

コロナパンデミックが下降傾向を示し、ASEAN地域の国々が再開し始めると、シンガポールは国境を越えた人々の移動を可能にする新しいプロトコルを提案するでしょう。

シンガポールのインドネシア大使アニル・クマール・ナイヤーは月曜日の記者会見で、ASEAN諸国は座り、市民がこの地域を旅行することを可能にする新しい手続きを模索すべきだと述べた。

「再開する前に、国境を開く前に、国境を越えたルールの共通のチェックリストセットを用意する必要があります。これには時間がかかりますが、探索する価値はあります」とクマーナイヤー氏は語った。

彼は、ASEAN諸国はオーストラリアとニュージーランドのような国々がすぐに両国間の旅行を再開できる旅行のハブを議論するために取った努力に目を向けることができると言った。

特使はすぐに、ASEAN諸国間の国境を越えた旅行はコロナのローカル伝送が制御され、死亡率が低いレベルに達した場合にのみ開始できると付け加えました。

4月7日以降、シンガポールは「サーキットブレーカー」対策と呼ばれるものを導入しました。これは、6月1日まで続く、安全距離を上げるための高度な対策です。輸送とキーバンキングサービスは、オープンのままにすることが許可されています。

最近、市の州では、移民労働者のコミュニティでコロナウイルスの症例数が急増しています。

570万人が住む国であるシンガポールでは、コロナウイルス感染が15,000近く確認されています。これは、主に南アジアの労働者が300,000人以上住む窮屈な寮での発生が原因です。

当局は、外国人労働者のコミュニティのメンバーに対するテストを強化し、ウイルスに感染している人々を隔離するための動きをしました。

地元コミュニティのメンバーのテスト率は10万人あたり2,100ですが、外国人労働者コミュニティの数は6,000です。

Leave a Reply

%d bloggers like this: