シンガポールは大きな魚の世界で生き残るためには有毒なエビでなければなりません

リー・クアン・ユー氏の有名な引用である「大きな魚」の世界で生き残るには、シンガポールは有毒なエビでなければなりません。

1966年、シンガポールのリー・クアン・ユー首相は、シンガポールに機会があれば他者との関係に依存していることを理解していました。

しかし、これらの関係は私たちの進歩に貢献してきましたが、外交関係を発展させることだけが必要ですが、不十分です シンガポールは、抑止力として信頼できる軍隊を形成することで構成される能力を構築しなければなりませんでした。

リーは「有毒なエビ」であることを類推することにより、シンガポールが大きな魚の海で生き残るために必要なものを説明しました。1966年、リー・クアン・ユーはシンガポール大学でスピーチを行い、世界におけるシンガポールの位置について話しました。

スピーチの中で、彼は中国のことわざを引用しました。「大きな魚は小さな魚を食べる。 小魚はエビを食べる」。

エビにはさまざまな種類があります、と彼は言いました。 ある人は防御機構を発達させ、別の人は有毒です:「食べれば消化不良になります。」このシンガポールの防衛信号の考えを考えてください。

シンガポール日本関係

シンガポールは、インド洋と太平洋を結ぶ海路を結ぶ、アジアの最南端に戦略的に配置された小さな島です。 歴史的、経済的、政治的関係を共有する高度に発展したアジアの2つの国である日本とシンガポールの二国間関係。

両国は1966年に初めて二国間関係を確立しましたが、最も初期の関係のいくつかは室町時代の15世紀以前にさかのぼります。 また、日本の南の沖縄の人々との貿易港。 しかしその当時、シンガポールはまだインドネシアのリアウ島マレー王国の貿易都市です。

これは、第二次世界大戦中のシンガポールの日本の侵略との最も顕著な相互作用まで、何世紀にもわたって続いた。 侵略は国の買収をもたらし、その後日本は約4年間シンガポールを占領し、戦争で敗北してから撤退しました。

両国は、2002年の日シンガポール経済連携協定(JSEPA)を通じて正式に確立された激しい相互貿易の恩恵を受けています。

日本は占領中に行われた戦争犯罪に対する公式な謝罪を提供しなかったにもかかわらず、シンガポールの独立の確立後、日本とシンガポールは5000万シンガポールドルの合意に達しました。 しかし、日本はシンガポールの可能性を認識し、シンガポールの最大の貿易相手国であり、シンガポールの最大の海外投資家になりました。

日本の民間部門はシンガポールの初期の経済発展に貢献し、日本企業のセイコーが主要な製造拠点を設立し、住友化学株式会社がシンガポール初の石油化学工場を設立しました。 日本生産性センターは、シンガポール自身の生産性を向上させる方法についてもアドバイスを受けています。

日シンガポール経済連携協定(JSEPA)の調印により、2002年に関係の大きなマイルストーンが生じました。 この文書は、日本と他国との最初の経済連携協定として機能しました。 これにより、両国の国境を越えて人々、商品、サービス、資本、情報などの移動がより容易になり、経済活動における協力が強化されました。

また、日本からシンガポールへの輸出に対する関税をすべて撤廃します。 シンガポールから日本への輸入関税も廃止され、農産物と皮革製品は除外されました。

日本、まだ毒を味わっていますか?

火曜日にインドネシア投資調整委員会(BKPM)が発表した最新の投資データによると、シンガポールは上半期もインドネシアで最大の外国人投資家であり、5,348件のプロジェクトで34億米ドルの投資が行われました。

同じ期間に、日本は3,708件のプロジェクトから成る24億ドルの投資で2番目に大きく、中国は1,518件のプロジェクトから成る23億ドルの投資で3番目に大きい。

日本は、期間中の投資の増加により、上半期に中国を2番目に大きな外国投資家として置き換えました。

一方、香港は1,068件のプロジェクトからなる13億ドルの投資で4位、続いて1,432件のプロジェクトからなる10億ドルの投資による5位のマレーシアでした。


研究ソース:

The Japan-Singapore Economic Partnership Agreement (JSEPA)

International Monetary Fund, World Economic Outlook Database (GDP based on Purchasing Power Parity). Accessed on January 31, 2020

Excerpts from an interview with Lee Kuan Yew

Singapore must be a ‘poisonous shrimp’ to survive in a world of ‘big fish’, LKY said in 1966

当初の公開11th February 2020 @ 11:02 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: