シンガポール航空のファーストクラスのキャビンにいる乗客は、スープの中にネジを見つけました。

スーパージャンボA380で世界の夢の目的地の1つに飛ぶことは、多くの航空ファンの夢です。

ウィル氏は、2020年1月1日にシンガポールからオークランドニュージーランドへのファーストクラスのフライトSQ285のレビューを書いていました。

彼のブログによると、彼はファーストクラスのキャビン、サービス、機内アメニティを高く評価していました。 食事はすばらしいように見えたが、彼はある特定の「事件」が彼に食欲がなかった方法を説明した。

彼はカボチャのキノコのスープをすすりながら、伝えられるところではネジを中に見つけました。

乗客は、客室乗務員がすぐにサービスの回復としてSGD$ 200のバウチャーを提供したと主張しました。

彼はその後航空会社に手紙を書き、彼自身のフライトレビューで事故の説明を共有しました。

シンガポールの航空会社による調査の結果、スクリューはキッチンブレンダーから来て、スープボウルに混ぜられたようです。 伝えられるところでは、金属探知機を通過し、飛行機に届けられました。

それに応えて、彼らはケータリングプロバイダーと協力して、すべてのキッチン機器と調理器具を検査しました。

また、施設で準備されたすべての食事に対して金属探知を実装しており、このリスクを軽減できる新しい台所用品も検討しています。

残念ながら、アジアの最高の航空会社によるファーストクラスのフライトでも、事件はどこでも起こります。

なぜそんなに慰めのお金で十分なのでしょうか? ネジが知らないうちに膨張した場合のリスクにもかかわらず、医療費はより高くなる可能性があります。


Source:

https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI5Nzk0MDcwNQ==&mid=2247485633&idx=1&sn=51fcad5f965e475c8bf4d33607c17590&chksm=ecac2b4fdbdba25994e57a0fa72614ee60610aecd2b1ac34a9ea16bfdc35da43bb31b977b453&scene=21#wechat_redirect

当初の公開18th February 2020 @ 6:17 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: