ジョホール氏は、シンガポールが帰国する前にコロナのマレーシア人労働者をテストすることを望んでいる

シンガポールにはまだ4万人を超えるマレーシア人がおり、マレーシアのジョホール州は、シンガポールが彼らに州に戻ることを許可される前に、彼らがコロナをテストされることを免除することを望んでいます。

共和国が「サーキットブレーカー」として知られる期間でパンデミックに対処するためのより厳格な対策を実施し始めた後、より多くのマレーシア人労働者がシンガポールから戻ってきています。 4月7日から5月4日まで続く対策では、感染のリスクを減らすためにほとんどの職場と学校が閉鎖されました。

現在、シンガポールで陰性と判定されたマレーシア人は帰国してそこで検疫することができますが、認証や事前のテストを受けていないマレーシア人は、州全体の政府機関の1つで強制的な14日間の検疫を受ける必要があります。

ジョホールメントリベサールハスニモハマド氏は、人が症状を示さない限り現在、シティーステートはコロナテストを実施していないことから、州はマレーシアの外務省と協力して、シンガポールの相手とこの問題について話し合っていると述べた。

シンガポールのマレーシアの高等弁務官Vanu Gopala Menonは以前、シンガポール政府は外国人労働者にランダムなCovid-19テストを提供する必要は現在なかったと述べた一方、シンガポールの保健省はCovid-19テストは臨床的に指示された場合にのみ患者に対して行われると述べましたそして彼らの親密な連絡先。

ハスニ氏は、問題がコロナに関するマレーシア-シンガポール特別作業委員会を通じて議論され、解決策が見つかると確信していると語った。

彼は、マレーシアがコロナウイルスを抑制するために3月18日に運動管理命令(MCO)を実施して以来、両国間の貨物の移動、必須および非必須のアイテム、マレーシア人労働者のための宿泊施設などの特定の問題を解決したと述べたシンガポール。

「政府はマレーシア人がシンガポールから戻ることを止めないであろう、そして私たちの前線が私たちの国境ですべての必要なステップと手続きを取ったことを彼らに保証することができる」と彼は言った。

ハスニ氏は、帰国するマレーシア人に対し、チェックポイントで必要なスクリーニングとテストを実施する最前線に全面的に協力するよう要請した。

島の共和国がウイルスの拡大を抑制するための独自の措置を開始した後、シンガポールから戻ってきたマレーシア人の数について、ハスニ氏は最大の流入が4月3日に約3,400人で登録されたと述べた。 「それ以来、1日あたり500人から600人のマレーシア人が戻ってきており、その数に対処することができた」と彼は付け加えた。

当初の公開13th April 2020 @ 5:30 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: