タンジュンピナンの失業は彼の家の台所で死んで掛かっていたのを発見しました

batamax.com papua food

batamax.com papua food

MusliadiエイリアスPeko(35)、シドムクティビレッジ、ジャランセマラ、ギャンアビマユ、ピナンケンカナビレッジ、タンジュンピナンティムール地区に住む失業者は、金曜日(05/08/2020)に彼の台所でロープにぶら下がって死んでいるのが見つかりました。

得られた情報によると、依存する前に、関係者は木曜日(2020年5月7日)に彼の家に座っているのを見ました。しかし、被害者の姉妹が金曜日(2020年5月8日)にWIBの00.30頃に帰宅したとき、被害者は自宅近くの台所ですでにぶら下がっていたことがわかりました。

AKPリオレザパリンドラのカサットレスクリムタンジュンピナン郡警察は、「兄が帰宅したとき、電灯をつけたかったので、兄が従属の立場にあるのを見て驚いた」と述べた。

目撃者の声明によると、リオは付け加えた、犠牲者は多くの協同組合債務のために彼の人生を終わらせるために必死だった。被害者はまた、病歴がないと言われています。

「私たちが確保した証拠として、被害者がロープを切るために使用したナイフの形で、ナイロンロープと被害者が着用していたサンダル」とリオ氏は語った。

Leave a Reply

%d bloggers like this: