ナトゥナのインドネシアがあるコロナウイルスへようこそ

合計243人がインドネシア政府送還チームによって国に無事に帰還しました。彼らは、湖北省に住む237人のインドネシア人、1人の外国人(インドネシア市民)、および北京のインドネシア大使館の5人のメンバーで構成されていました。すべての乗客はナトゥナに無事到着しました。

健康に関するプロトコルによれば、すべての乗客は中国の保健当局と武漢国際空港のインドネシア医師チームによる複数の健康診断を受けています。これは、すべての乗客の健康を確保するために行われます。バタムを通過する際、空軍の航空機に乗り換える前に、すべての乗客は再びバタム港保健局による健康診断を受け、すべて健康であると宣言されました。

帰国の過程で、家族の理由で中国に留まることを選択したインドネシア人4人がいました。インドネシア人3人は飛行のための健康要件を満たすことができませんでした。北京のインドネシア大使館は、インドネシアの3人の市民とのコミュニケーションを確立し続け、大学の寮と中国当局と調整して、必要な条件とニーズを確保しました。外務省はまた、インドネシアのそれぞれの家族に連絡しました。

ナトゥナに到着すると、乗客はラデン・サジャド空軍基地で14日間の観測プロセスを受けました。

厚生省、TNI、および国家災害管理局は、相互の安全と快適さのために公共施設と保健施設を準備しました。

外務省は、北京、広州、上海、香港のインドネシア代表とともに、中国のさまざまな地域のインドネシア国民の状態を監視し続けています。支援が必要な中国の市民は、以下のホットライン番号に電話することができます。

外務省ホットライン:62 812 90070027

当初の公開2nd February 2020 @ 8:55 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: