ナトゥナ住民3人が奴隷制度の犠牲者、中国のLongxing漁船629

奴隷制の拷問と仕事のパターンを経験した後、伝えられるところによると、韓国の釜山で放棄された14人のLongxing 629人の乗組員が金曜日(2020年5月8日)の午後に国に到着する。

中国の漁船に奴隷にされた14人のインドネシア人乗組員から、リアウ諸島(リアウ諸島)のナトゥナリージェンシーの3人の居住者がいたことが知られています。

Retno Marsudi外務大臣は以前、この船で働いていた4人の乗組員が死亡したと発表しました。 3人は海に埋葬され(禁酒)、1人は釜山の保健施設で死亡した。

ABKは懸命に働き、1日3時間しか休まない。毎日の食事でも、魚の餌を食べ、蒸留した海水を飲みます。事実、船上で死亡したインドネシア市民の3人の遺体が海に流された。

Natuna Marine Vocational School校長のAswanaは、2018/2019にはNatuna Marine Vocational Schoolの同窓生が3人いると語った。受け取った情報に基づいて、3人は現在インドネシアの空港に向けて出発するため韓国の空港にいます。

「今朝彼らは韓国の空港にインドネシアに到着しました、彼らは良好な状態でした」とアスワナは言った。

アスワナ氏によると、ナツナ海事職業学校の3人の同窓生は、中国のLong Xing 629と呼ばれる漁船でABK(船の乗組員)を務めていたが、学校の水路を通過せず、自分で探した。

「私たちが受け取った情報は2019年5月に始まり、彼らはすでに機能しており、彼らが搭乗中にFacebookに写真を投稿した後も彼らが機能していたことを知っていました」とアスワナは語った。

これは非常に悲しいことであり、アスワナによれば、この悲劇的な出来事は二度と起こらない。海外で働くときに安全を確保するために、海外で働きたいSMK同窓生は、雇用機関を探す際に選択的でなければならないことが予想されます。

アスワナ氏は、「学校を通して、それはいいことだ。当面は、PT。SEKAI INDONESIA(日本への労働供給業者)とのMoUがあるため」と述べた。

他の場所では、ナトゥナリージェンシーマンパワーオ​​フィスの責任者であるフセイニ氏はこれに驚いて、3人の乗員はマンパワー省から推薦されていなかったと述べた。

「彼らに関するデータはなく、労働省は彼らがいつパスポートを手配するかについての勧告もない」とフセイニ氏は語った。

おそらく、彼らがパスポートの世話をするとき、彼らは推薦のために地元のオフィスから推薦を求められるでしょう。次に、雇用部門から、採用した会社に作業パターンと作業安全に関する保証を求めます。

「彼らの推薦についての通知がなかったため、彼らがどの会社と協力しているかさえわからない」とフセイニ氏は語った。

Leave a Reply

%d bloggers like this: