バタムの仮面は囚人によって刑務所で作られたことが判明

クラスII Aバタムのラパス囚人のスキルの開発は、マスクの作成に重点を置いています。

これらのマスクは、新型コロナパンデミックと戦うために、後でラパス周辺のコミュニティに無料で配布されます。

生地からマスクを作るスキルは、先週から続いています。

約300枚のマスクが作られ、一般に配布されました。分割は、ラパス環境の前でラパスの役員によって実行されます。

「彼らが作ったものはかなりたくさんある。それらのいくつかはそれ自体のためであり、いくつかは外部の人々に配布されています、「ミサパスディン・カラパス、火曜日(2020年4月28日)は言った。

この仮面を作るスキルは、ペンデミが終わっていない限り続けられると彼は言った。

彼は続けて、仮面を作ることは、これまでに日常的に技能訓練プログラムに参加した養育された居住者を含みます。

「いつものように、確かにこの刑務所の環境では技能訓練プログラムがあります。スキルにはさまざまな種類がありますが、この流行はたまたま流行であるため、マスクの作成に焦点が当てられています」とミスバフディンは語った。

これらのマスク作成スキルの存在により、バタムラパス養育された住民も新型コロナの拡散に積極的な役割を果たしました。

刑務所環境では、新型コロナ防止プロトコルに引き続き従うように指示されています。

マスクの使用、手を洗ったり、外部の訪問者と直接会ったり接触したりしないようにすること。

訪問サービスについて、彼は続けた、新型コロナの流行が発生したので、ラパスとルタンバタムはビデオ通話を介して通信システムを実装しました。

介助された居住者は、バタム刑務所と拘留センターが提供するビデオ通話メディアを通じて、家族と外でコミュニケーションをとることができます。

当初の公開28th April 2020 @ 11:16 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: