バタム島に新型コロナ、パプアのインドネシア人が差別ことになる

恵まれない人々へのさまざまな支援が、コロナウイルスの大流行の真っ只中に、リアウ諸島のバタム市政府によって引き続き提供されています(Covid-19)。これは、パンデミックによりますます弱体化している市民の経済を助けるために行われます。

ペムコに加えて、裕福なバタムのコミュニティと住民も、現在困難な状況の中で助けを必要とする住民の負担を軽減することに貢献しています。

しかし、バタムシティのパプア人にとって、それは彼らの希望である食物などの援助だけでなく、住むのにまともな場所でもあります。現時点では、彼らは、PT Agra Mitra Indonesia、Cikitsu、Batam Cityが所有する土地の野生の家(Ruli)でのみ生き残るためです。

彼らの住居は20人で埋めなければならなかったので、非常に不適切でした。彼らは他の都市にいる彼らの仲間の村人たちにとても嫉妬していると主張しました、なぜならそこの政府はとても親切で彼らを助けたからです。

「バタム島のパプア人のための特別な寮のような滞在場所を政府に提供するよう政府に要請する」と彼の家の近くのコテージでリラックスしながら会ったパプア市民のイマンエラビは言った。

実際、彼らは住みやすい場所を求めていました。しかし、彼らが望んだことは今まで実現されていませんでした。

「この土地は後にビジネスエリアに建設され、私たちは乗ることだけが許可されています。その後、例えば、私たちが仕事を始めた場合、どこに住むべきですか?」とバタム大学の医学生であるイマンは言いました。

彼と学生であった彼の仲間の村人たちの苦しみはそこに到達しただけでなく、小さな家にも適切な電気がありませんでした。彼らは街灯からの電気だけに依存しています。街路灯は、17:00 WIBから05.00 WIBまで始まります。

「それはそれが依存している、もしライトが消えたら、私たちは電気を持っていない。私たちは本当に私たちの大学に行く必要がありますが、現在オンラインで勉強しているため、「信仰は言った。

結果として、彼らは朝、家にいるよう政府の助言の真っ最中、家の周りから出かけても構わないと思っていました。彼らがwifiを探すことができるようにしたので、彼らはまだ勉強できます。

当初の公開29th April 2020 @ 8:44 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: