バタム島の人々は、先端が尖った顔で死体の唾液をこすります

batamax wayang kulit

batamax wayang kulit

リアウ諸島(ケプリ)のバタム島でコロナ陽性の死体(COVID-19)を強制的に拾った23人のうちの1人が、顔に唾液を流した。遺体に唾液を流した住人は今も求められている。

バタム保健局は当初、遺体の強制収集に関与していた23人を収容した。彼らはガラン島COVID-19特別病院で検査を受けるためにピックアップされました。

23人のうち、バタムシティCOVID-19タスクフォースは、土曜日の深夜に行われたリリースでコロナウイルスに陽性だった12人を発表しました。

保健所は、YHGの体を強制的に拾い上げ、彼の顔に唾液を塗りつけている居住者をまだ探しています。

タスクフォースのリリースでは、死体の強制収集に関与したCOVID-19の検査で陽性となった12人の住民が、ケース455から467として記録されました。

「はい、12人のポジティブな人々がいます」と、月曜日(2020年8月24日)にアンタラが報告したバタム市のバタム市保健局長ディディクスマルジャディは述べました。

具体的には、6名が11歳から16歳の男女の学生であり、40歳、21歳、60歳の民間労働者3人、51歳、67歳の主婦2人、44歳の起業家年。彼ら全員がセクパン地区に住んでいます。

依然としてバタムタスクフォースの記録に基づいて、12人の居住者はガラン島COVID-19病院の隔離治療室に配置されており、彼らの状態は比較的安定しています。

Leave a Reply

%d bloggers like this: