バタム空港はコロナの発生時にまだ開いています,バタムで働く日本人は家に帰れる

ジョコウィドド大統領によるコロナパンデミックの真っ只中に帰宅することの禁止は、必ずしも空港、駅、港などの交通アクセスの閉鎖を伴うものではありません。

リアウ諸島のバタムでは、ハンナディム国際空港が引き続き運行しています。帰国禁止のルールが金曜日(2020年4月24日)に適用された場合も、飛行活動は継続されます。

「フライトはまだ開いており、閉鎖されていません」と水曜日(2020年4月22日)に確認されたとき、スワルソのハンナディムブブバタムディレクターは言った。

スワルソは、バタムのすべての人々が帰省を行っているわけではなかったため、バタムのハンナディム空港ではフライトが閉鎖されなかったと説明しました。

「すべてが家に帰るわけではないので、働く人もいる」と彼は言った。

しかし、バタムのハンナディム空港で航空輸送サービスを利用する乗客の数が大幅に減少したことを認めた。これは、政府の規制がコロナウイルスに直面してますます厳しくなったためである。

「乗客数は50%と大幅に減少した」とSuwarso氏は語った。

当初の公開22nd April 2020 @ 1:44 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: