バリ島:インドネシアの地球規模のピラミッドソルト

バリの塩の品質が非常に高いことを知っている人はあまりいません。私はとても良かった、この塩の愛好家は海外で増加していることが判明しました。そのため、世界で最も高価な塩の1つとして分類できます。

この塩もピラミッドのような独特の形をしています。再び特別ですが、ピラミッドの形状は、マッピングのプロセスを経ることなく、塩自体によって生成される自然な形です。インドネシアでは、この塩はバリ海峡でのみ見られます。

Javaraは、これまで海外にこの塩を販売するために生き残った会社の1つです。実際、生産が限られているために、需要が満たされないことが少なくありません。

JavaraのCEO、Hallianti Hilman氏は、製塩プロセスは依然として非常に伝統的であると述べました。理由もなく、このピラミッド塩の特性を排除したくないため、この従来のプロセスは引き続き維持されます。

「生産するのは私たちではなく、地域の可能性を再発見するだけです。我々は伝統を強化し、実験室試験などで市場に接続することによってそれを強化します。

価格だけでも、このプレミアム品質のピラミッド塩の価格は​​、100グラムあたりRp 120,000です。

ブレレンのエキゾチックな天然資源

実際、このピラミッド塩は、ブレレンリージェンシーの天然資源の1つでした。正確には、東ブレレン地域のテジャクラ地区にあります。以前は、塩の価格は​​まだかなり手頃な価格でした。ただ、需要が高まれば、値上がりは避けられない。

バリポストは、このテジャクラ地区のピラミッド塩に関するニュースをかつて放送していました。当時、2017年のピラミッド塩の価格は​​、100グラムあたりIDR 26,000の範囲でした。ここに行くほど、このエキゾチックな塩に気づく人が増えています。その需要は高まり続けています。

同じ情報源を引用しながらも、ヘルリアンティ氏は、「食材に非常に感謝している、通常は食通の人(料理愛好家)がいる。美味しいものを食べるだけでなく、彼らがエキゾチックと考えるものに誘惑されます。どの国にも常にそのようなコミュニティがあります。有名シェフ(そこ)にもオーストラリアを供給しています。」

エキゾチックな天然資源であることに加えて、ブレレン県政府は実際にそこに新しい観光地としてピラミッド塩産業を発展させました。最終的に観光名所に詰められるピラミッド塩を作るプロセスは、ブレレンを訪れる観光客を魅了することが期待されています。特にアジア太平洋地域、オーストラリア、カナダ、米国からの観光客。

ブレレン県の人材開発および人材開発庁(BKPSDM)のページからの引用によると、この特別な塩はブレレンでのみ見られます。 Herliantiは、このピラミッドの塩を見つけることができる地域が世界中にもう1つあると言いましたが、それはキプロスです。キプロスのピラミッドの塩についてのリテラシーは非常に限られているというだけです。

世界無形遺産の候補者

GNFIは2016年に特別なピラミッドソルトに関するニュースも放送しました。当時、地方政府はバリのピラミッド塩を、世界の食糧機関である国連食糧農業機関(FAO)の食物ベースの農業世界遺産に登録するための措置を講じていたことが判明しました。この提出は、インドネシア共和国人間開発・文化調整省を通じて行われた。

また、2015年12月にインドネシアの海事漁業省からピラミッド型の塩農家がAdi Bhakti Minabahari賞を受賞した後も、この措置がとられました。しかし、この記事が公開されるまで、これに関する新しいニュースはありませんでした。

ピラミッド塩が世界の無形遺産の「候補」であるに値する理由の1つは、それらの製造技術が他の塩の製造とは異なるためです。池の区画を使用する一般的な塩とは異なります。この特別な技法は、ココナッツの木を使用する「飼い葉桶」技法と呼ばれます。

製造工程は、塩水池のツルマメを使って海水と混合した土壌を平らにすることです。乾燥後、表土は浚渫され、ティンジュンと呼ばれるツールの上部に引き上げられます。トラフの内側から滴り落ちる水は、塩が結晶化してピラミッドのような形状になるまで、トラフで乾燥されます。

その後、この手法は温室または温室技術で変更されました。完成したソルトマネージャーを真水で溶かすことでこれを行います。次に塩溶液を温室または温室に入れて乾燥させます。天気が晴れていれば、2〜3日以内にピラミッド塩を収穫できます。

残念ながら、天候が結晶化または自然の形成をサポートしていない場合、ピラミッドの形状を取得することは不完全です。そうだとすれば、ピラミッドソルトを特に探している消費者に販売する価値はありません。

当初の公開19th April 2020 @ 1:56 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: