パナソニック バタム 工場は現在、サンヨーエナジー バタム の所有者です

三洋エネルギーは、バッテリーの製造工場として知られています。 同社はパナソニック・バタムに買収され、経営陣の一部はパナソニックの管理下で働きます。サンヨーエナジーバタム は、2016会計年度末に操業を停止しました。

サンヨーエナジーバタム は は、以前は 三洋 電機 株式会社の子会社として知られていました。当初、会社には、解雇されて退職金を支払われた574人の契約社員がいました。 110名の正社員のうち30名が解雇されました。

シンガポールの営業所が2017年のプロジェクトを確保できなかったため、世界市場で競争することができなかった可能性があります。 注文がないため閉店しています。

しかし、2011年に中国の電子メーカーHAIERが買収したというニュース以来、三洋エネルギーの死は実際に予測可能です。

今年の7月28日に調印された覚書(MOU)にほぼ沿った最終合意の詳細には、以下が含まれます。

民生用と業務用の両方の洗濯機を開発、製造、販売する「三洋アクア株式会社」の株式と、洗濯機を製造する「甲南電機株式会社」の三洋電機が保有する株式ハイアールに移転。

三洋電機が民生用冷蔵庫の設計・開発を行う会社「ハイアール三洋電機株式会社」に保有する株式消費者向け冷蔵庫を製造する会社は、ハイアールに移管されます。

SANYO HA Asean Corporation(ベトナム)、P.T. SANYO Indonesia、P.T. SANYO Sales Indonesia、SANYO Philippines Inc.、SANYO Sales&Service Sdn Bhd(マレーシア)は、ハイアールに移管されます。上記の企業は、東南アジアで消費者用冷蔵庫、洗濯機、その他の消費者用機器の製造および/または販売を行っています。

両当事者は、ハイアールがベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアで特定の期間、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン、その他の家電製品を「SANYO」ブランドで販売することに同意します。

前述の事業の消費者用冷蔵庫と消費者/商業用洗濯機に関連する特許、デザイン、商標はハイアールに譲渡されます。関連事業に従事する日本の三洋グループの従業員約340人がハイアールに異動します。

三洋電機の民生用電気事業の買収は、日本および東南アジアにおけるハイアールの研究開発、製造およびマーケティング能力を強化し、地元の消費者のニーズにより良く応えるために行われました。

ハイアールグループについて:

1984年に設立されたハイアールグループは、中華人民共和国山東省青島に本社を置く多国籍の家電製品および家電製品会社です。 2011年の世界的な収益は233億米ドルでした。 ハイアールグループの家電および家電事業は、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、給湯器、台所用品、カラーテレビ、コンピューター、携帯電話、U-HOMEシリーズ製品の研究開発、製造、販売をカバーしています。

三洋電機株式会社について:

パナソニックグループの一員である三洋電機は、商業および消費者向けの主要なエネルギーおよび環境技術と製品を提供するグローバル企業です。 三洋電機は、太陽光発電(ソラ)システム、小規模から大規模用途の充電式電池、その他のエネルギー効率の高い製品や電子部品など、エネルギーの生成、エネルギー貯蔵、エネルギーの効率的な使用に焦点を当てた製品とサービスを提供しています 環境を考慮して設計されています。

さよなら 三洋エネルギ。インドネシア人を失業させてくれた中国のハイアール エレクトロニクスに感謝します。 中国製の輸入製品を二度と購入することはありません。


ソース:

haier.net/en/about_haier/news/201110/t20111028_83307.html

当初の公開19th February 2020 @ 4:55 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: