パレスはコロナと一緒に暮らすというジョコウィの目的を一致させる

batamax.com Jokowi+Batamax

batamax.com Jokowi+Batamax

ベイマックムディン大統領の事務局の議定書、報道、メディア担当副局長は、ジョコウィドド大統領が、過去2か月で依然としてインドネシアを苦しめているコロナウイルス(Covid-19)で平和を作るよう人々に要請する意図を説明した。

ベイは言った、ジョコウィが言ったようにコロナと平和を作る意図は人生に順応することでした。これは、コミュニティがCovid-19パンデミックの真っ只中に生産性を維持する必要があることを意味します。

「そのCovidが存在し、すぐにCovidを消そうとしている。しかしCovidは人生を調整するので、非生産的であってはならない」とベイ氏は金曜日(8/5)に記者にテキストメッセージで伝えた。

ベイ氏は、コロナ透過を防ぐための努力によって生活の調整が行われたと付け加えた。特に、常に手を洗ったり、マスクをしたり、群衆から距離を置いたりします。

彼によると、この人生の調整は、コミュニティの新しい通常の生活秩序を形成するでしょう。

「Covidにはまだアンチウイルスがありませんが、それを防ぐことはできます。それはあきらめないで、人生に順応するために調和して生きることを意味します。それは新しい通常の新しい人生秩序と呼ばれます」と彼は言った。

ジョコウィは木曜日(7/5)の彼の声明で見つかり、ワクチンが見つかるまで人々にコロナと平和を作るように求めました。彼は、ワクチンが発見されなくなるまで、コロナウイルスが実際に拡散を止めたという言及はないと述べた。

このコロナで和平するというジョコウィの発言は、ソーシャルメディアで脚光を浴びました。この声明は、3月のG20サミットの仮想会議でジョコウィが行ったものとは異なりました。

その時、ジョコウィはG20加盟国にコロナウイルスとの「戦い」を呼びかけました。彼はまた、G20がウイルスによって引き起こされる病気の解毒剤を見つけるための努力をリードすることを奨励しました。

Leave a Reply

%d bloggers like this: