ピープルズパークセンターのシンガポールの老婦人はマスクを着用することを拒否します:「私が死んだら、それは私の問題です」

batamax.com mask

batamax.com mask

マスクをかぶるように言われた後、4月12日、ピープルズパークセンターの男性にスナップした高齢者の女性が脚光を浴びました。Lianhe Zaobaoによれば、事件は正午頃に起こったとのことです。その男は中国紙によれば、執行官である。

「強制されたくない!」彼女はFacebookで流通しているビデオで言った。

「しかし、誰もがそれを着ている」と憤慨した警官はカメラを外して言った。

「私は欲しくない、誰も何も気にしない!」彼女は彼を殴った。

Zaobaoによると、別の通行人が彼女に規制を遵守して家にいるように勧めたとき、女性は言い返しました:

「それはあなたの仕事ではありません!私が死んだら、それは私の問題です!」

その後、女性はマスクを付けることを強制されていることを声に出して文句を言い続けました。

女性はまた、彼女の息子は彼女のためにマスクを買ったが、彼女はそれらを着用したくないと言いました。

その後、執行官は彼女に、シンガポールの誰もが彼らの仮面をつけなければならないことを彼女に話しました。これに対して、女性は彼を叫び、彼女をいじめていると非難しました:

「比較しないでください。私は老婦人です。私をいじめないでください。若者が老人をいじめます!あなたは私をいじめます!マスクを着用するように頼み続けてください!」

ビデオは、執行官が立ち去ることで終わります。

4月12日以降、シンガポールのスーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局、ショッピングモールを訪れる際は、マスクの着用が義務付けられています。

当初の公開15th April 2020 @ 2:04 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: