フランス人はインドネシアのスンバでよく掘り下げています

フランス人はインドネシアのスンバでよく掘り下げています

フランス人はインドネシアのスンバでよく掘り下げています

彼の名前はアンドレ・グラフです。スンバ島を知ることは観光客として始まりました。しかし、乾燥した土地や馬の楽園であるアンドレ・グラフでは、住民は大きな水にアクセスすることが難しく、特に乾季にはきれいな水を手に入れることが困難になっています。人々は、入浴や飲用に水を手に入れるために、丘を上り下りする長い距離を歩く必要があります

しかし、アンドレグラフの後、東ヌサテンガラ(NTT)の西スンバリージェンシーのランボヤ地区ワルウォラビレッジに定住することを選択した元パイロットで熱気球の所有者は、住民に井戸の作り方を学ぶよう勧めました。

今ではきれいな水が苦手だった地域でも、冷たい手とフランスからの外国人の誠実さで真水を楽しめます。

Waru WoraのコミュニティリーダーであるJohanis Jauhegaは、かつて住民はアンドレをフォローすることに消極的だったとかつて言っていました。彼らは水源を見つけることについて悲観的です。もちろん、たとえあったとしても、非常に深い地面を掘る必要があります。

ヨハニス氏は、アンドレの意図は地元のコミュニティーの指導者たちに反対されたと語った。しかし、この中年の男は決してあきらめませんでした。彼は引き続き住民を説得し、本やインターネットを掘り下げる方法を学びます。

彼の勤勉さが報われ、太陽光発電システムを備えた数十の井戸が首尾よく建設されました。ウラウォラの他に、他のいくつかの村にも同様の井戸が作られました。

その間、アンドレは自分のしたことに満足していないことを認めました。彼は自分の人生と井戸を掘る能力を捧げることに専念しています。

彼はビザを延長しなければならないためにコストの問題に直面していますが、Andreはインドネシアに永遠に滞在したいことを認め、コミュニティにその能力を捧げています。

tempusdeiページ、Andre Graffの立ち上げは、彼の国、フランスでは失業していません。 NTT西ランバのランボヤに来て定住する前は、観光会社のリーダーでした。彼はまた、熱気球パイロットとパイロットインストラクターです。

彼の人生はかなり快適です。彼はスンバにやって来て、ビジネスマンになったり他のクールなビジネスをしたりせず、貧しい人々のための掘り出し物になるために落ち着きました。わwo!

彼は国の安らぎを離れることを選び、痴漢の過酷な性質の下で一般の人々と一緒に住むことをいとわないでした。どうやら、2004年の暑い午後に、彼は頭の上に約20リットルの水を入れたバケツを持った3人の中年女性が、スンバリージェンシーのワイカブバク市の南約30 kmにあるラボヤのカンポンワルウォラまで歩道を歩いているのを見ました。西、NTT。

彼らが乗っていた道路は約45度の傾斜と緩い岩で急だったため、彼らの息はあえぎました。その時は空気が熱かった。以前に湿地で入浴した後、汗は注ぐ濡れた体に戻りました。湿地と村の間の距離は約3 kmです。カリーザフィッシュとカエルが生息する沼では、水浴びして衣類を洗い、沼の別の場所でバケツを満たして家に持ち帰ります。

アンドレグラフ(59)の人生のこの「エピソード」は彼自身の目で目撃し、彼の内なる目と良心を「非常に混乱させました」。痩せた男はサンダルウッドの馬、古い村、巨石で有名なエキゾチックな島を楽しむために観光客としてスンバにいました。アンドレは他の観光客と同じです。彼は熱心に出かけて古い村に行き、カメラを持ち、出会ったすべての物体や人の写真を撮り、その住所を尋ねます。彼は自分のショットの写真を送ると約束した。

アンドレはシンプルなインドネシア語を使用して、3人の母親の活動についての情報を掘り出そうとしました。そのうちの1人は、ほぼ毎日、その場所に水を汲みに来ると説明しました。子供がまだ小学校にいる場合、学校に行く前に水を汲みます。

アンドレは、3人の母親との経験に加えて、裸足で長い距離を歩いて1日に数回水を集めるために、肌の黒い子供たちに会います。

アンドレが到着する前、地元の人々は井戸を掘ったことがありませんでした。彼らはまた、水源を見つける方法を知りません。彼らの村も丘の上にあるので、たとえ井戸を掘ったとしても、それは非常に深くなければならず、必ずしも水源はありません。したがって、彼らは遠く離れていても、まだ泉や沼に行きます。現在、ワルウォラ村とその周辺の水源は家の近くにあります。アンドレは低地の溝に大量の水源を発見し、太陽光を利用して人々の家のテラスに水を汲み上げました。

2004年7月にスンバで楽しむ彼のライセンスがなくなったとき、アンドレは彼の国、フランスに戻りました。そこで彼は写真を印刷した。これは3,547枚の写真を印刷しており、送信する準備ができています。結局のところ、アンドレが取得したアドレスは完全に不完全であったため、既存のアドレスを使用して写真を送信し続けた場合、手紙は届かないことが確認できます。アンドレにとって、約束は借金です。それから彼はスンバに戻り、1年後に写真を持ってくることにしました。

アンドレは、2005年に2度目に来たときに、この論文の冒頭のストーリーと同じ沼地で、数人の母親に再び会いました。多くの分野で、彼はほとんど同じ状況に遭遇しています。彼は人々の生活がいかに困難であるかを見ました。 「でも奇妙なことに、彼らはまだ笑顔で戦い続けています。この状況は本当に私に挑戦し、誘惑しました。それから私は、豊かな国で十分な楽しみがあると言いました」と彼は笑い声で言いました。彼の心の底から何かをしたいという欲求が生じました。理論と議論をあまりせずに、彼自身はその仕事をした経験はありませんでしたが、コミュニティの掘り出し物になることに決めました。

レゴクまたは谷の村で、彼はコミュニティに井戸を掘る方法、具体的な建物を作る方法を学ぶように招待しました。これらの人々のサービスのために、AndréはIDR 30,000 /日/人を「支払い」ます。 2005年から今日(24/8/20)まで、アンドレは個人のポケットと数人の友人の助けを借りて、コミュニティの42の井戸を掘ることに成功しました。平均して、各井戸の費用はRp。1200〜1500万で、井戸の深さは4〜23メートルです。処理時間は1週間から2か月です。それは本当に岩が多いかどうかに関係なく、土壌の状態に依存します。

バケツバケツを使った井戸が村に点在しています。清水ウォーターポンパ社のウォーターポンプを使用している井戸が多数あります。この水を使って、家の周りで野菜を育てたり、アヒルなどの家畜を育てたりすることができます。以前は、豚、犬、馬、水牛など、水の不足にもかかわらず生き残ることができる家畜だけを育てていました。

興味深いのは、掘り出し物になること以外に、毎日、この独身の男性が非常にシンプルな道具を使って葦と竹で作られた家に住んでいることです。アンドレプンは井戸を掘り、洞窟の水源を探している間に繰り返し事故に遭い、ほとんど死にましたが、彼はあきらめませんでした。

彼が住んでいる家は、資料の保管場所でもあります。彼自身と井戸の建設費を支えるために、彼はフランスの彼の借りた家からのお金と彼の国の政府の社会文化的ビザに依存しています。さらに、彼は友達に「乞う」しなければなりませんでした。

 

スンバに埋葬するように頼む

 

スンバの前は、2003年まで、熱気球パイロット、パイロットトレーナー、観光会社の責任者を務めていました。彼は、血流に入る昆虫によるウイルス攻撃の結果として発生する病気であるLymdまたはボリオースに苦しんだため、仕事を辞めました。このウイルスは脳神経を殺し、死を引き起こす可能性があります。病気のために彼は仕事をやめ、2004年にインドネシアに来て、その後スンバを含むNTTを訪れた。

アンドレの人生は贅沢にはほど遠い。彼は住民と住んでいた。設備の点でコミュニティとの違いは、ストーブがあり、太陽光発電(ソーラーシステム)を使用し、信号を受信した場合にラップトップを使用してインターネットにアクセスできることです。 「これが私の人生です。私はスンバに住むことを選択しませんでしたが、今は走ることができず、走らせたくありません。これは人生の物語です」と後でスンバに埋葬されることを望んだ男性は言った。この最後の願いのために、彼は遺体がフランスに戻されないようにフランス大使館に同意書に署名しました。フランスのストラスブール大学の生物学部の同窓生は、貧しい人々の中に葬られることを求めた。

しばらく前に、アンドレは故郷のフランスに戻り、家族を訪ね、友人たちに飲料水の保護をさらに進めるための助けを求めました。コロナパンデミックのため、彼はまだそこに行き詰まっています。 「できるだけ早くスンバに戻って、スンバの人々を助けるという私の使命である私の任務を続けたいと思います。移民が私に「門戸を開き」、私が「入って来て」働けることを願っています。 Covid-19が降伏した後、私たちは友情を継続し、深めることができることを願っています。私たちはあなたを待っています、アンドレ!

Leave a Reply

%d bloggers like this: