ベトナムはコロナウイルスについての「偽のニュース」を広めた人々に罰金を科す

ロイター通信によると、ベトナムは、コロナウイルスに関する誤った情報がソーシャルメディアを介して国内に広まったことに対処することを目的とした「偽のニュース」法令を導入した。

新しいルールは4月15日に発効し、ソーシャルメディアを利用して「誤った、真実ではない、歪んだ、または中傷的な情報」を共有する人々には、1,000万〜2,000万ドン(S $ 605〜S $ 1,210)の罰金が科せられます。法令によると。

罰金はすでに配布されています

ただし、罰金は、Covid-19の誤った情報に対する広範な取り締まりの一環として、新しい法令が導入される前に、すでに地方自治体から配布されています。

さらに、ベトナム英語の日刊紙ベトナムニュースは、ウイルスについてのFacebookの投稿に対して、法律が導入された同じ日に2人が罰金を科されたと報告しました。

フラワーショップのオーナーは、社会的距離を4月末まで延長することを表明したためにS $ 757の罰金を科しました

あるケースでは、33歳のフラワーショップのオーナーは、国の社会的距離が4月末まで正式に延長され、決定は4月に行われたことを書いたことに対して1250万VND(S $ 757)の罰金を科されました。 6。

4月14日、彼女はベトナムの情報通信部にその投稿が虚偽であり、ファンのページにアクセスしてより多くの花を売るようにもっと多くの人々に望んでいたことを認めた。

ブルームバーグによれば、ベトナムの在宅および社会的距離を離す命令は、4月1日に最初に15日間実施されました。

発生を監督する国の運営委員会によって提案された提案によると、ベトナムのグエン・スアンプック首相は現在、命令をもう1週間延長するかどうかを検討しています。

別のユーザーがパニックを引き起こしたとしてS $ 605の罰金を科した

2番目のケースに関しては、彼はパニックを引き起こしたという理由でS $ 605の罰金を科されました。

ベトナムニュースはさらに、ベトナムのニンビン省の学校でウイルスに関する情報をコピーし、懸念を引き起こした自分のコメントを付けて自分のFacebookアカウントに貼り付けたと報告しました。

警察の調査により、問題の情報は学校からのものであり、コロナウイルス事件と直接接触した人物と教師が密接に接触していることに関連していることが判明しました。

男はその後、彼が間違いを犯したことを認め、間違った情報を今後投稿しないことを約束した。

新しい法令はコロナウイルスの誤った情報に限定されない

ロイターはさらに、新しい法令はソーシャルメディア上のコロナウイルスの誤った情報だけに限定されているわけではないことを報告しました。

この法令は、ベトナムで禁止されている出版物、国家機密、および南シナ海でのベトナムの主張を示さない地図を共有する人々にも適用されます。

このように、この法令は権利団体の間でいくつかの懸念を提起しており、アムネスティインターナショナルのテックディレクターであるターニャオキャロル氏はこれを「ベトナム当局のオンライン弾圧における強力な武器」と呼んでいる。

これまでのところ、ベトナムは267件の症例を報告しており、コロナウイルスによる死亡はありません。

当初の公開15th April 2020 @ 2:40 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: