リアウ諸島でコロナウイルスの症状がない人の増加

リアウ諸島では症状のない人々(OTG)の増加により、市民は新型コロナがたころなパンデミックの蔓延に対する意識を高める必要があります。リアウ諸島のイスディアント州知事代理は、OTGの数の増加がウイルスをより広く蔓延させる可能性があると述べた。

「そのため、家を出るときは石鹸で手を洗ったり、手のサントライザーを使ったりするときは、常にマスクを使用するように心がけています」と日曜日(2020年12月4日)のタンジュンピナン地域ビルでのリアウ諸島州の開発に関するレポートを送ったとき、イディアントは言った。

リアウ諸島のOTGの数は非常に多く、676人にのぼります。彼らは、アナンバスとリンガを除いて、市内のほぼすべての地区に点在しています。

タスクフォースチームのレポートでは、OTGの最大数はタンジュンピナンにあり、合計270人でした。バタムには252人、カリムンは22人、ナトゥナは3人、ビンタンは129人です。

国家新型コロナ処理タスクフォースチームの責任者であるドニーモナルドは、予想が困難なウイルストランスミッターの1つはOTGに由来すると述べています。

OTGは、保健省によって確立されたコロナウイルス管理ガイドラインの新しいカテゴリです。以前は、リリースされたカテゴリは陽性の患者、監視対象の患者(PDP)、監視対象の人々(ODP)でした。

日曜日(2020年4月12日)の時点で、リアウ諸島では陽性であった患者の数は19人であり、最大23人でした。以前のように追加はありません。

彼らはタンジュンピナンに12人、バタムに10人、カリムンに1人います。

そこから、ODPとPDPの数も増え続けています。リアウ諸島の場合、ODPの数は2,153人で、バタムシティで最も広がったのは1,490人でした。タンジュンピナンにいる間、ODPの数は160です。カリムンでは、ODPは249人です。ナトゥナ(162)、ビンタン(73)、アナンバス(13)、リンガ(6)。

リアウ諸島の監視下にある患者も増加しています。土曜日に164人がいた場合、日曜日までに多くの人がいた。彼らはバタム(94)、タンジュンピナン(37)、カリムン(12)、ビンタン(14)、ナトゥナ(4)、アナンバス(3)にいます。

当初の公開13th April 2020 @ 7:21 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: