世界初のインドネシアの科学者が30%のバイオディーゼル燃料を発表

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、一連の試験を経て肯定的な結果を示した後、2019年12月にジャカルタのPertaminaの燃料ステーションにあるB30 Diesel(30%バイオディーゼルと70%ディーゼル燃料の混合物)を発売しました。 B30ディーゼルバリアントは、2020年1月1日からインドネシア全土で同時に導入されます。インドネシアは、B30を世界で最初に導入した国としても知られています。

このB30の実施を通じて、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアは湾岸からの燃料の輸入を削減し、63兆ルピアの外国為替を節約できると述べた。 「このB30を一貫して実施すれば、外貨は約63兆ルピア、非常に大量に節約されるという計算です」と大統領は語った。

インドネシアの増加するディーゼル燃料のニーズを満たすため、インドネシアはバイオディーゼル生産の先駆者でもあります。 インドネシアの科学者は、パーム油をディーゼル燃料の混合物として使用しようとしました。 マレーシアとともに、インドネシアは中国とインドのパーム油消費のサプライヤーでもあります。 世界のパーム油の3分の1は両国から輸入されています。

インドネシアは世界最大のパーム油生産国として、2020年には輸出が4,000万トンに増加すると推定しています。食糧農業機関(FAO)によると、世界のパーム油の総生産量は2012年に5,000万トンに達し、生産量は倍増します 2002年。

パーム油は、主に食用油、マーガリン、石鹸、化粧品、鉄鋼業、電線、ラジオ、皮革、製薬産業の原料として知られています。

パーム油は、その優れた特性により、さまざまな用途に使用できます:高圧での耐酸化性、他の溶媒に溶けない化学物質を溶解でき、コーティング力が高く、化粧品の体に刺激を与えません フィールド

日本には、インドネシアとマレーシアのビジネスマンが運営しているパーム油精製所もあります。


ソース: インドネシア共和国エネルギー鉱物資源省

当初の公開19th January 2020 @ 12:17 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: