シンガポールのWuthelam Groupが日本ペイントを156億シンガポールドルで買収

シンガポールのWuthelam Groupが日本ペイントを156億シンガポールドルで買収

シンガポールのWuthelam Groupが日本ペイントを156億シンガポールドルで買収

東京:日本企業は金曜日に声明で発表した。 8月21日)。

Wuthelamは、2020年にアジアで最大の国境を越えた取引の1つである今回の取引を通じて、過半数株主となる

日本ペイントは、1962年にアジア地域の販売代理店に任命されたとき、彼らが最初にWuthelam Groupとのコラボレーションを開始したと述べました。

その後、タイ、マレーシア、中国、その他のアジア諸国でのウーセラムグループとの合弁事業が続きました。

ほぼ60年間、他の幅広い事業分野でこの緊密な協力関係があったにもかかわらず、日本ペイントは金曜日の声明で、将来の成長のための財務基盤を強化するためには、より野心的な動きが必要であると述べました。

139年の歴史を持つこの日本企業は、成熟した国内市場以外での成長を求めており、グローバルな拡大を優先しています。昨年、オーストラリアのトップペイントメーカーであるDuluxGroup Ltdを約30億ドルで買収しました。

同社のウェブサイトによると、アジアは日本ペイントの最も重要な市場であり、日本では26%であるのに対し、売上高の52%を占めています。

日本ペイントは電話会見で、追加の資本が必要な場合、同社はより多くのM&A取引を追求するかもしれないと日本ペイントは述べた。

「アジアは、人口の増加と需要の増加につながる経済成長のため、市場規模と成長率の両面で、同社の持続的な成長にとって重要な地域になりつつある」と日本ペイントは声明で述べた。

日本ペイント・ホールディングスの最高財務責任者である若月雄一郎氏は、ウーセラムとの契約により「バランスシートが強化される」と語り、利益率を0.6%増加させ、1株当たり利益を10%以上増加させると予想された。

日本ペイントホールディングスの田中正明最高経営責任者(CEO)は、日本企業は上場を維持し、筆頭株主のウセラムは同社を売却しないと語った。

同社は、住宅や商業建設、橋や道路などのインフラストラクチャを含む用途での塗料の需要の増加に注目しました。

取引は1月に完了する予定であり、事業が展開されている各市場の規制当局がクリアする必要があると語った。

日本ペイントは野村の助言を受け、ウーセラムはバンク・オブ・アメリカと協力しました。

編集者注:この記事は、ロイターがWuthelam GroupによるNippon Paintの買収の評価を修正した後に更新されました。

 

source: cna

Leave a Reply

%d bloggers like this: