労働力大臣は中国人労働者の下のインドネシア人労働者の質を認める

労働力大臣のハニフ・ダキリ氏は、これまでインドネシアの労働の質は中国に比べるとまだ非常に低いと述べた。実際、インドネシアにあるカレッジや大学は中国に比べてたくさんあります。

「たとえば、中国には14億人の人口があり、わずか2,000の大学と中国が労働力に多くのスキルトレーニングを提供しています。インドネシアには2,200万人の人口があり、4,000の高等教育機関があります。

これらの条件を見ると、ハニフによれば、これは教育のレベルが就職の主な基準ではなく、労働力が持つスキルであることを示しています。しかし、インドネシアの教育の概念は、中国で採用されているスキル教育ではなく、正式な教育の達成のみを追求している。

「私たちは正式な教育を重視しており、カリキュラムに関してはまだ完全ではありません。したがって、私たちの問題は実際には不一致であり、雇用の問題ではありません」と彼は言った。

彼によると、これが簡単な方法で続行することが許可された場合、ハニフは外国人労働者がインドネシアで働く素晴らしい機会を持つことになるのではないかと心配しました。さらに、ASEANのすべての国がMEAに入り、TKAは後で自由に出入りできます。

「これがインドネシアの労働の質が依然として低く、私たちの社会がAECでの競争に苦労している理由です。インドネシア人の60%は小学校と中学校の卒業生しかいないため、インドネシアは他の国よりもさらに劣っている」と述べた。

Leave a Reply

%d bloggers like this: