北朝鮮が愛犬を食べる話は血統が疑わしい:ロシア

北朝鮮が愛犬を食べる話は血統が疑わしい:ロシア

北朝鮮が愛犬を食べる話は血統が疑わしい:ロシア

ソウルの新聞は金正恩が北朝鮮人に彼らのペットをあきらめて、食糧不足を打つために犬肉店にそれらを売ることを強いたと主張しました

しかし、平壌のロシア大使館は、これは毛むくじゃらの犬の話に過ぎないかもしれないと示唆しています

平壌のロシア大使館は、北朝鮮人がレストランで調理されるために彼らの愛犬をあきらめることを余儀なくされているというソウルからの報道を否定しました。

韓国最大の流通新聞朝鮮は今月、金正恩指導者がペットの所有を禁止し、それを「ブルジョワのイデオロギー」の「汚染された傾向」として非難したと報じた。

平壌の裕福なエリートの保護区である愛犬は、北朝鮮当局によって資本家の「衰退」の象徴であると見られていた、と新聞は言った。

「当局はペットの犬を飼っている世帯を特定し、彼らに彼らを放棄するか、強制的に押収して下に置くよう強要している」と新聞は主張し、未確認の情報源を引用した。

動きは貧しい国の慢性的な食糧不足に関連していて、犬のいくつかは国営の動物園に送られるか、犬肉レストランに売られていたとそれは言いました。

元北朝鮮脱北者によって書かれたレポートは、イギリスを含む複数のニュースアウトレットによって取り上げられました。

しかし、ロシア大使館は「真実からはほど遠い」「野生の」噂を広めたとして外国のメディアを非難した。

市内でペットを飼うことが流行し、犬が「所有者と一緒に平壌や他の韓国の街を歩いている」のが一般的になったと述べた。キムがそれを現代社会のしるしであると認めた後、繁殖犬は奨励されていました、と付け加えました。

しかし、大使館関係者は最近、公園を散歩するときにペットを車から出さないように言われたことを認めたが、これはコロナウイルスの拡散を制限することを目的としたより厳しい規則によるものであると述べた。

犬の肉は伝統的に暑さを打つための特別な夏の料理として韓国で消費されています。

繁栄している南部では、ペットの飼育が日常生活の一部となっているため、その習慣は急速に衰退しています。

しかし北朝鮮では今でも人気があり、平壌の「だんごぎ」レストランでは犬が珍味として出されます。

平壌のロシア大使館は、北朝鮮人がレストランで調理されるために彼らの愛犬をあきらめることを余儀なくされているというソウルからの報道を否定しました。

韓国最大の流通新聞朝鮮は今月、金正恩指導者がペットの所有を禁止し、それを「ブルジョワのイデオロギー」の「汚染された傾向」として非難したと報じた。

平壌の裕福なエリートの保護区である愛犬は、北朝鮮当局によって資本家の「衰退」の象徴であると見られていた、と新聞は言った。

「当局はペットの犬を飼っている世帯を特定し、彼らに彼らを放棄するか、強制的に押収して下に置くよう強要している」と新聞は主張し、未確認の情報源を引用した。

韓国は犬肉取引を淘汰することを望んでいるが、その伝統は残るだろう

動きは貧しい国の慢性的な食糧不足に関連していて、犬のいくつかは国営の動物園に送られるか、犬肉レストランに売られていたとそれは言いました。

元北朝鮮脱北者によって書かれたレポートは、イギリスを含む複数のニュースアウトレットによって取り上げられました。

しかし、ロシア大使館は「真実からはほど遠い」「野生の」噂を広めたとして外国のメディアを非難した。

市内でペットを飼うことが流行し、犬が「所有者と一緒に平壌や他の韓国の街を歩いている」のが一般的になったと述べた。キムがそれを現代社会のしるしであると認めた後、繁殖犬は奨励されていました、と付け加えました。

しかし、大使館関係者は最近、公園を散歩するときにペットを車から出さないように言われたことを認めたが、これはコロナウイルスの拡散を制限することを目的としたより厳しい規則によるものであると述べた。

 

珍味

犬の肉は伝統的に暑さを打つための特別な夏の料理として韓国で消費されています。

繁栄している南部では、ペットの飼育が日常生活の一部となっているため、その習慣は急速に衰退しています。

しかし北朝鮮では今でも人気があり、平壌の「だんごぎ」レストランでは犬が珍味として出されます。

 

北部の食糧不足は、洪水、コロナウイルスの距離をとる措置によって引き起こされた最近の作物の失敗、および国の核計画に対する国際的な制裁の結果として悪化したと考えられています。

 

source: scmp

Leave a Reply

%d bloggers like this: