国際協力機構 (JICA) は、インドネシアがパーム油を加工して紙原料にするのを支援しています

インドネシア産業省は、日本企業と協力して、空のパームオイル束(TKKS)の廃棄物からパルプおよびパルプ製品を開発しています。この戦略的努力は、インドネシアのパルプ・紙センター(BBPK)とPIC Co.、Ltd.およびTaizen Co.、Ltd.のコンソーシアムによって実現されました。

「この相乗効果のステップは、国際協力機構(JICA)プログラムを通じて実施されます。機械的に、使用されている技術は、OPEFB廃棄物を製紙および厚紙産業の原料として使用できる大善株式会社からのものです」インドネシア産業研究開発庁(BPPI)インドネシア産業省長官、ジャカルタのマダムレストゥユニウィダヤティ、月曜日(10/2)。

この協力により、マダムレストは、紙パルプ産業がより独立し、古い段ボール(OCC)紙に依存しなくなることを望んでいます。 「さらに、インドネシアのパーム油産業にとっては、これまでに行われた製品の処理と廃棄のコストを削減できるという利点もあります」と彼は言いました。

マダムレストは、PIC&Taizenチームが日本からインドネシアにTaizen技術を持ち込み、BBPKバンドン市で運用するようになったと説明しました。この技術の使用が、インドネシアの環境問題の解決、特にインドネシアのパーム油産業とインドネシアの紙パルプ産業の環境問題の解決に寄与することが期待されています。

これまで、紙パルプ産業はインドネシアの国民経済に大きく貢献してきました。インドネシア中央統計局(BPS)は、2019年に、記録媒体の紙と紙製品、印刷と複製がインドネシアの非石油およびガス処理産業の3.95%を占め、8.14%の成長を記録したと述べました。実際、インドネシア紙パルプ協会(APKI)は、インドネシアおよび世界の国内需要が2%増加し続けていると評価しています。

「紙のニーズは現在、包装(包装紙)で占められています。そのうちの1つは、段ボール紙を生産する中紙とライナーの形の包装紙産業に吸収されています」とBBPKインドネシアサイフルバーリ部長は述べました。

輸入原材料を代替しつつこの需要に応えるために、マダム・レストは、利用される可能性の高い代替原材料はインドネシアのTKKSであると述べました。さらに、インドネシアにはパーム油の生産という利点があります。さらに、インドネシアの合意の決定に沿って、国内原材料の付加価値を高めることを目的とした下流プログラムを奨励しています。

インドネシア農業省のプランテーション総局のデータを参照すると、2019年のインドネシアのパーム油プランテーションの面積は約1,468万ヘクタールであり、総生産量は5180万トン/年に達し、世界。

新鮮なヤシ果実の房(FFB)の各単位重量は、21〜23%のOPEFBを生産すると予測されています。この間、TKKSは主に庭用肥料またはCPO産業用燃料に使用されます。現在の状況では、アブラヤシのプランテーションは板紙(中程度の線形)原材料のニーズを満たすことができ、4,500万トンに達すると推定されています。

私たちの意見:
なんて無駄だ!謙虚な意見では、貴重なプログラムと同様に、JICAからの支援と積極的な取り組みは、実際のビジネスに近づいていないので無意味です。 彼らは、シューとネポティズムを通して仕事を得た役に立たないインドネシアの公務員に近づいています。 数年後、これらの機械は廃棄され、メンテナンスが行われないため、運転が停止します。


ソース; インドネシア産業省

当初の公開11th February 2020 @ 3:04 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: