子供の結婚費のための販売のための家、一緒に眠るヤギのための3ヶ月のアカウント

ヤギの肥料のにおいは、スカブミ郡パランクダ県パラサリヒル村バトゥヌンパンビレッジRT23 / RW03に住む老人、ウジュンジュナエディ(50)の共通の香りです。その理由は、ウジュンが3か月以上山羊飼いであり、家畜と同じ屋根の下に住んでいるためです。

ウジュンは休憩時間をケージの2階(約2×2平方メートル)で過ごしました。毎日の食事については、家畜の販売や地元住民からの寄付に頼っていました。

男の体調不良はすぐに副学長アドホ・サルジョノから返事を受け取った。その後、Adjoは火曜日(2020年5月5日)にウジュンの住居でもある山羊のペンと援助を送りました。

「パクウジュン(ジュナエディ)には家がなく、山羊のペンで1つの屋根に住んでいます。パクウジュンは元はそこにありますが、彼の土地は息子と結婚するためにすでに売られています。人口行政のデータは、村や準地区によって処理されています。政府は最新のDTKSに基づいている可能性があります。「アドホはsukabumiupdate.com-Suara.comネットワークに語った。

RT 23の責任者であるセプルロ氏は、ウジュンはバトゥヌンパン村の出身であると語った。この村に戻る前、彼は妻と子供たちと一緒にバンテンに住んでいました。彼の所持品のほとんどすべてがそこに運ばれ、バンテンの居住者になった。

「彼はもともとここから来たが、彼は妻と一緒にバンテンに移動し、その時にデータがそこに持ち込まれた」と彼は言った。

セプルロは、ジュネーディは3年前から場所や遊牧民を移動させてこの村に戻ったと説明しました。むかしむかし、ウジュンは家と庭を所有していましたが、バンテンでの息子の結婚のためにこれらの資産を売却しました。

「彼の妻との関係が分離したので、彼はここに戻って彼の息子を連れてきました。しかし、彼が育ったとき、彼の息子は彼の元妻によってバンテンに連れ戻されてそこで結婚しました。ウジュンは彼の息子の結婚のために彼の資産を売却しました」と彼は説明した。

それでもセプルロは、彼の毎日の食事のために、ジュナエディは彼が育てた他の人々のヤギに頼っていたと言いました。ヤギが繁殖するときに利益が得られ、販売できるようになります。残念ながら、家畜は1年に1回しか出産できません。

「したがって、出産時のシステムは半々です。たとえば、4頭の山羊がいる場合、Ujunには2頭、所有者には2頭です。1頭の山羊がRp。500,000で販売されています」

一方、Saung PurnamaのParungkuda区のKasi Sosbud氏は、食料品の形での支援はUjunに引き渡されたと述べた。しかし、実際のところ、身体的支援はまだ実現できていません。

「パク・ウジュンはBPDから土地交付を受ける。家を建てるために働く人々のために、運営はスカブミ地区社会サービスが負担する」と彼は言った。

Saep氏は続けて、Ujunは将来的に政府から支援を受けることができるように、人口行政に関するデータ収集も支援されます。

「関係する困難を作るものはここでアイデンティティを持っていません、それは人口行政を持つことはすぐに助けられるでしょう」と彼は結論付けました。

Leave a Reply

%d bloggers like this: