家主がコロナの間に影響を受けた企業にレンタル免除を提供するための法律が議会で導入される

2020年6月5日に、法務省による法案が議会で導入され、中小企業(SME)にレンタル救済フレームワークを提供するのに役立ちます。

最大4か月のレンタル免除を受ける対象となるSME

Covid-19(暫定措置)(修正)法案が可決された場合、商業、工業、およびオフィスの不動産を借りるSMEテナントに対して、家主が規定の賃貸料免除を提供することが義務付けられます。

レンタル救済フレームワークは、シンガポールで約260,000の中小企業と200万人以上の従業員に影響を与えた、大ヒットした経済における企業の苦痛を緩和するのに役立ちます。

2020年5月26日にヘンスウィーキート副首相が発表したフォーティテュード予算によると、政府は、対象となる商業用不動産の約0.8か月分の家賃と、適格な工業用およびオフィス用不動産の0.64か月分の家賃に相当する追加の現金交付金を提供します。

レジリエンス予算で付与された固定資産税リベートを含め、政府は商業用不動産のSMEテナントに合計2か月、産業用およびオフィス用不動産のSMEに1か月の賃貸料を提供します。

これらの助成金とリベートが中小企業に提供されることを保証するために、起草された法案は、家主がテナントに免除を提供することを義務付けます。

法律は家主に追加の免除を提供するように命じます

法案は、政府の支援に加えて、家主が平均月収の大幅な減少を経験した中小企業に賃貸料免除を提供することを期待しています。

K Shanmugam法務相は記者団に対し、6月2日付けで記者団に対し、家主は離職率が少なくとも35%以上低下したテナントに賃貸料の軽減を提供する必要があると語った。

このカテゴリに該当する中小企業は、商業用不動産の場合はさらに2か月、産業用およびオフィス用の場合は1か月のレンタル免除を受けます。

合計で、商業用不動産を借りる適格なSMEは、基本レンタルの合計4か月の免除、および工業用不動産とオフィスプロパティの2か月の免除を受けることができます。

法務省はまた、現在のCovid-19の状況が原因で、リースまたはライセンスが終了した後、職場を離れることが困難に直面しているテナントに救済を提供する改正を導入しています。

テナントがリースの終了時から2020年10月19日までの間に非住宅物件を空にすることができない場合、テナントは家主に救済の通知を出すことができ、それまでは物件を空けないことに責任を負いません。彼らはそうするか、2020年10月19日のうちどちらか早い方でそうすることができます。

財政難に直面している家主は査定を求めるかもしれません

追加のレンタル権利放棄を提供することができない家主のために財政難を理由に査定を求めるかもしれません。

家主の賃貸収入が総収入のかなりの部分を占める場合、家主はより少ない権利放棄の対象となり、全額の代わりに追加の賃貸権利放棄の半分を与えます。

これは、商業用不動産の1か月分の追加の賃貸料の救済、および産業用およびオフィス用不動産の基本賃貸料の半月の免除に相当します。

不動産の年間価値も考慮されます。

Leave a Reply

%d bloggers like this: