数千人の中国人がインドネシアの強制的条件での滞在許可を申請

法人権省(Kemkumham)の移民局は、2,643人の中国国民に強制滞在許可を与えました。

法と人権省の移民局の広報部長であるアルビン・グミランは、強制滞在許可の発行はコロナウイルスまたはコビッド-19の発生に関連して移民局の局長によって行われたと述べました。

現在、中華人民共和国(PRC)の合計2,643人の市民に強制滞在許可が付与されています。以前は、2月5日から2月23日までの1,247日、「木曜日(5/3 /)ジャカルタで書かれた声明でアルビンは言った。

Arvinによると、その数は2020年2月5日から2020年2月23日までの期間と比較して増加した。

この強制状態滞在許可は、コロナウイルスの侵入防止におけるビザおよび滞在許可の付与に関する2020年の法と人権規則(Permenkumham)No. 7に規定された要件を満たす中国国民にのみ付与されます。

したがって、インドネシアで強制生活許可を申請する中国人の数は、許可された許可よりも多いと推定されます。

規制の下で、強制居住レジデントは、中国市民、中国の外国人居住許可証、および中国市民の夫または妻または子供に与えることができます。

コロナウイルスの発生が世界保健機関(WHO)によって実施され、インドネシア領土を中国に持ち込む輸送手段が存在しなかった場合、居住許可証を付与する必要がありました。

州の居住許可の申請者は、有効な国民パスポートまたは有効な渡航文書、ビザ、または所有している居住許可証を添付することにより、申請書の提出を強制されます。ただし、この強制状態滞在許可は、有効な滞在許可または制限付き滞在許可の所有者には付与されませんでした。

さらに、再入国許可の有効期限が切れた永住許可を保持している中国からの外国人は、インドネシア共和国代表の入国管理官への申請を通じて、強制的な条件で再入国許可を付与することができます。

また、この提出には、英語で地元の州の保健当局からコロナウイルスがないことを示す健康的な声明、インドネシア政府によって実施された14日間の検疫への参加意志の声明など、多くの要件を満たす必要があります。または、インドネシアの領土に入る前にコロナウイルスに感染していない他の国で14日間停止/通過します。要件が添付されていない場合、申請は拒否されます。

2020年のPermenkumham番号3を無効にした2020年のPermenkumham番号7は、インドネシアの領土へのコロナウイルスの侵入防止を改善するために発行されました。

「2020年のパーメンカムハム第7号は、中国の外国人だけでなく、インドネシア共和国の領土に入る前の14日以内に中華人民共和国の領土に住んでいた、または訪れた外国人についてのものである」とアルビンは結論付けた。

当初の公開8th March 2020 @ 7:52 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: