新型コロナウイルスの発生中バタム島のいくつかの日本企業は邪悪で残酷です

バタムのいくつかの日本企業は邪悪で残酷です

バタムミンド工業地域、カビル工業地域のパナソニック、エプソン、横浜、および新芽は、バタムでのコロナウイルスの発生がすでに多くの犠牲者を出していたとき、従業員と労働者を解雇しませんでした。

実際、まだ多くの日本の工場労働者や残業している労働者がいて、コロナウイルスに関する政府や世界の規則に従わずに働き続けています

日本のボスは残酷ですか?

パナソニックの上司は人間の生活を気にしませんか?

これは日本の国が再びインドネシアを植民地化したいのですか?

これは、インドネシア政府の規制に違反しており、自宅で仕事をし、大量に集まらないようにしている

パナソニック株式会社(パナソニック株式会社、Panasonikku Kabushiki-gaisha)(TYO:6752、NYSE:PC)は、日本の大阪府門真市に本社を置く日本の電子機器メーカーです。

同社は1918年に松下幸之助によって創設され、その最初の製品は二重ランプソケットでした。 1927年、同社は自転車用ライトを生産しました。これは、Nationalブランドで販売された最初の製品です。それ以来、松下は日本最大の電子機器メーカーになり、ソニー、トムソン、フィリップスと競合しました。

半導体メーカーとして、松下は世界で20の最大の半導体販売リーダーの1つです。

当初の公開22nd April 2020 @ 2:13 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: