新型コロナウイルスの警告にもかかわらず、東ヌサトゥンガラの叙階マースに数百人が出席

batamaxcom catholic covid church

batamaxcom catholic covid church

数百人が出席する新しい司教のための叙階マースは、ミサをキャンセルする要求にもかかわらず、インドネシアの東ヌサ・トゥンガラにあるマンガライ摂政のルテン地区の大聖堂で進められました。

Rutengの新しい司教に指名されたSiprianus Yoursのために開催されたOrdination Massは、木曜日(3月19日)にRuteng大聖堂で午前9時に始まりました。

マンガライの摂政であるデノ・カメルスは、このイベントは、約1,500人が参加した教会に入る前に、主催者が手指消毒剤を提供し、教会に通う人の体温をチェックする厳しい健康スクリーニングの下で​​開催されたと主張しました。

「訪問者はマンガライ・ラヤの人口のわずか1%を占めた。マンガライの摂政と主催者は中央政府が設定したプロトコルに従った」と彼はジャカルタ・ポストに語った。

彼は、行政がコロナウイルスの拡散を防ぐために中央政府によって設定された政策に従うと付け加えた。

シプリアヌスは、マンガライ、イースト・マンガライ、ウェスト・マンガライの摂政で構成されるマンガライ・ラヤのカトリック会衆を率いるように任命されました。

政権は数ヶ月前に予定されていたように、イベントを進めることを決定した、とデノは言った。

「政権と主催者は、Rutengにいる間、Manggaraiの外から教会を訪れる人々を注意深く監視している」と彼は付け加えた。

以前、Covid-19迅速対応チームの責任者であるDoni Monardoは、Ruteng大司教区に、病気の拡大を防ぐために調整ミサを延期するよう依頼していました。

「人類のためにイベントを投稿してください」と彼は、Kompas.comから引用された枢機とマンガライ摂政に送られた手紙の中で言った。

ドニは、Covid-19保菌者が特に病気に弱い高齢者や病気の人にウイルスを感染させる可能性があるという懸念を表明しました。

インドネシアでは、19の死亡者を抱える13の州で227件のCovid-19症例が確認されています。 -ジャカルタポスト/アジアニュースネットワーク

当初の公開20th March 2020 @ 5:50 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: