新型コロナマレーシアが封鎖を延長、日本人帰らない、危ない

Channel News Asia and The Star、金曜日(2020年4月24日)、3月18日から施行されたMCOは、マレーシア当局によって2回延長されました。再度延長される前に、MCOは4月28日に終了する必要があります。

「数値はポジティブな結果を示しているが、我々が取った措置は、新型コロナのパンデミックが完全に制御されていると確信する時まで続けなければならない」とムヒイディン首相は地元テレビで放送された声明で述べた

ムヒイディン首相は、MCOが将来再び拡大される可能性を除外しなかったが、伝送速度が引き続き低下する場合、政府は規制を緩和する可能性があるとも述べた。

「新型コロナ事件が引き続き減少する場合、政府は社会部門を含むいくつかの部門で段階的に運動管理を緩める可能性がある」と彼は付け加えた。

この最新の拡張により、マレーシアはコロナウイルスの蔓延を制限するために56日間ロックダウンされました。ロックダウンまたはMCOの下では、地域間の旅行および海外旅行は禁止されています。学校および重要でないビジネスは、一時的に閉鎖するように命令されています。

伝染の連鎖を断ち切るために、家に留まることをお勧めします。コロナウイルスが多く発生している一部の地域では、MCOが改善され、住民の移動が制限されています。

ロックダウンの間、マレーシアでの追加の毎日の事件の数は減少しました。以前は3桁だったものから、先週から2桁になりました。マレーシア保健省の保健局長であるNoor Hisham Abdullah博士は、現地時間の木曜日(2020年4月23日)に71の追加の症例が発生した後、マレーシアでのコロナウイルス症例の総数は5,603症例に達したと発表した。

ヌーアヒシャム博士はまた、過去24時間に90人の患者が退院したと述べた。合計で、3,542人のコロナウイルス患者が治癒したことが確認され、退院した。これは、マレーシアのコロナウイルス患者の治癒率が全症例の63.2%に達することを意味します。

さらに、ヌールヒシャム博士は、無症状の患者や軽度の症状のある患者を含むすべてのコロナウイルス患者を分離するマレーシアのアプローチが、死亡数の減少と治癒率の向上に貢献した可能性があると述べました。

当初の公開24th April 2020 @ 7:21 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: