日本とインドネシアはドル札を残したい

日本とインドネシアはドル札を残したい

日本とインドネシアはドル札を残したい

インドネシア銀行(BI)と日本の財務省は、現地通貨を使用して二国間取引を決済することに合意しました。これは、両方で実行されるすべての貿易および投資トランザクションが、それぞれの現地通貨、つまりルピアと円を使用することを意味します。

この枠組みは、インドネシア銀行と日本の大蔵省が2019年12月5日に署名した覚書に基づいて作成されています。

「このイニシアチブは、貿易取引における現地通貨の幅広い利用と両国間の直接投資を奨励するための継続的な取り組みの一部です」とBIは月曜日(2020年8月31日)の公式声明に書いた。

この枠組みの実施は、インドネシア銀行と日本の大蔵省との間の金融協力を強化する取り組みにおける重要なマイルストーンです。

このフレームワークには、とりわけ、ルピアと円の通貨間の取引における直接相場の使用を奨励する取り組み、および現地通貨の使用を奨励する特定の規制の緩和が含まれます。

この枠組みの運用をサポートするために、インドネシア銀行と日本の大蔵省は、指定クロスカレンシーディーラー(ACCD)として機能するようにそれぞれの国のいくつかの銀行を任命しました。これらの銀行は要件を満たし、両当事者が合意した枠組みに従ってルピアと円の間の取引を促進する能力を持っていると見なされます。

インドネシア銀行によってACCDとして指定されているインドネシアの銀行は、MUFG銀行、ジャカルタ支店、銀行BTPN、銀行BCA、銀行マンディリ、銀行みずほインドネシア、銀行BNIおよび銀行BRIです。

一方、日本の財務省がACCDとして指定した銀行は、みずほ銀行、MUFG銀行、BNI銀行、東京支店、りそな銀行、三井住友銀行です。

 

source: cnbc

Leave a Reply

%d bloggers like this: